イソップ童話「三人のレンガ職人」

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

皆さん、イソップ童話に「三人のレンガ職人」というお話を知っていますか?

 

昔むかし、ある旅人が街はずれの道を歩いていると、とても難しそうな顔をして、淡々とレンガを積んでいる一人の男と出会いました。

 

旅人が尋ねます。

 

「ここでいったい何をしているのですか?」

 

そうすると、その男は何か不満げな表情で答えます。

 

「何って、見ればわかるだろう。レンガを積んでいるんだよ。」

 

「朝から晩まで、俺はレンガを積まなければならないのさ。」

 

「旅人のあんたにはわからないだろうけど、暑い日も、寒い日も、風の強い日も、雨降る日も、毎日毎日一日レンガ積みさ。たまらんよ。」

 

「なんでこんなしんどい事をしないといけないんだろう・・本当は辞めたいんだ。」

 

この言葉を聞いて旅人は「大変ですね。」と一言だけ残してその場を立ち去りました。

 

 

それからしばらく歩いていると、今度は額に汗して一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会いました。

 

旅人は、二人目のこの男に同じように尋ねます。

 

「あなたは、ここで何をしているのですか?」

 

すると、この一生懸命レンガ積みをしていた男がこう答えました。

 

「俺はここで大きな壁を作っているんだ。これが俺の仕事でね。」

 

「大変ですね。」

 

と旅人は汗だくになって仕事をしている男に声をかけました。

 

すると男は、

 

「大変なんてとんでもない。なんてことはないよ。」

 

「この仕事のおかげで家族を養えているんだ。仕事があるだけありがたいよ。だから正直大変だなんて思っていないさ。こうして、健康で仕事ができるだけで感謝さぁ」

 

旅人は「そうですか、頑張ってください。」と励ましの声をかけ、また歩きはじめます。

 

 

また、しばらく歩くと、さらにもう一人楽しそうにレンガ積みをしている男に出会います。

 

「あなたは、ここで何をしているのですか?」と・・・。

 

「あぁ俺はね?歴史に残る偉大な大聖堂(教会)を造っているんだ!」

 

この言葉を聞いて旅人は「大変ですね。」と声をかけます。

 

するとこの男は・・・

 

「とんでもない。大変なんてこれっぽっちも思っちゃいないさ。」

 

「この大聖堂が完成したら、ここで多くの人が悲しみや不安から解放され、神様から祝福を受け取ることができるだ!」

 

「こんな素晴らしい事に関わられて俺は幸せ者さ。」

 

旅人は、また再び元気いっぱい歩き続けました。

 

 

 

 

このお話は、諸説沢山紹介されていますが、この三人は、レンガを積むという全く同じ仕事をしています。

 

しかし、同じ仕事をしているのに、この3人の違いは何でしょうか?

 

それは、「目的を持って取り組めている」かどうかですね。

 

「ただレンガを積んでいる」一人目の男と・・・

 

「教会を作るためにレンガを積んでいる」三人目の男では、完成に大きな差が出てきますよね。

 

さて、いよいよ後期中間テストまで残り1週間。

 

君のテストの目標は何でしょう?

 

目標を持ってテスト勉強に取り組むこと、毎日机に向かうモチベーションを高くすることで、テスト結果も大きく変わるということを意識していきましょう。

 

頑張れ、未来義塾生諸君!

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。