塾のDIY外壁塗装計画2021

 

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

2005年開校以来、一度も手を付けてこなかったあの場所に、手を加えていきます。

 

その場所というのが・・・・

 

2Fベランダ下の看板取り付けスペース。

 

縦幅130cm×横幅2000cmの外壁塗装を今日から1ヶ月かけてやっていきます。

 

もちろん私1人で・・・

 

多分、私のDIY人生の中で一番大がかりのものになりそうです。

 

今回の看板取り付けスペースの外壁塗装をやろうと思ったのが、昨年悩まされた雨漏りを防止するためです。

 

 

どうやら水漏れの原因がこの2Fベランダ下の看板取り付けスペースにありそうなんです。

 

ひび割れやコーキングの切れといった劣化部分を補修し、建物の防水性を取り戻すのが今回の塗装の目的なんですが・・・・

 

ついでに、二つの看板も取り外し、新しいものに取り替えるつもりです。

 

もう既に看板屋さんとは打ち合わせをし、新しい看板のデザインも考案中です。

 

外装って目に見える大きな面積を締めている部分だけに、定期的にメンテナンスを行うことで、美観を保つことが重要だと思っています。

 

塾で重要なのは“清潔感”ですよね。

 

めちゃ綺麗に仕上げますよ。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。