愛知県公立高校入試 新型コロナに感染した受験生の特別追試験と新出題範囲

 

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

11月5日に愛知県教育委員から「公立高校入試 新型コロナに感染した受験生の特別追試験と出題範囲」について新たな発表がありましたね。

 

 

 

出題範囲に関しては・・・

 

中学校等において卒業までに学習すべき内容を出題範囲とし、出題範囲の削減は行わない。

ただし、中学校等において臨時休業が実施されたことを踏まえ、

今年度は基礎的・基本的な事項をより重視して出題する。

 

 

新型コロナ感染した受験者への特別の追検査 について・・・

 

 

全日制課程一般選抜において、学力検査の2日後に行っている通常の追検査とは別に、

「新型コロナウイルス感染症にかかる特別の追検査」を3月24日(水)に行う。

 

各家庭の参考になればと思います。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。