2020年 未来義塾は英語教育を強化するためにBen先生登場!

 

おはようございます、昨日、午前中にBen先生と一緒に来月実施予定の”Ben先生の特別英語授業”の打ち合わせをしました。

 

「2020年から大きく日本の英語教育が変わる!」といろいろニュースで取り上げられていますよね。

 

最近では、先月11月1日に文部科学省から2020年度の大学入試における英語民間試験活用における「大学入試英語成績提供システム」の導入の見送りが発表されました。

 

これで小学校では英語が教科化が開始され、成績がつくようになるし、高校では、「論理・表現」の科目が新設され、「話す」「書く」を中心に、スピーチ、プレゼンテーション、ディベートなどを行うなんていわれています。

 

 

 

なぜ英語教育が変わるのか?

 

 

結局進展するグローバル化の波に対応するためのものとされていますが、・・・

 

実際に日本国内で働く外国人就労者の数は、この10年で約49万人から128万人と倍以上に増え、

 

海外で生活する日本人の数も同じ様に増えています。

 

(1989年 約60万人⇒2018年 約139万人)

 

 

 

 

 

 

これって・・・・

 

近い将来、日本に更なる外国の人達が押し寄せ、そして同じくらい今の子供達が大人になる頃日本人も海外で生活するようになるということ。

 

つまり・・・・

 

様々な言語や文化、習慣をもった人達と一緒に働く時がどんどん近づいているということに他なりません!

 

 

英語教育が変わるなら、未来義塾の英語もわらなきゃ!

 

 

そこで、以前から未来義塾の英語教育を強化していきたいと考えていました。

 

そのことを私の英会話の先生であるBen先生に相談すると、快くそのお手伝いをして頂く返事を貰うことができました。

 

そして、昨日はその第1回目の打ち合わせ。

 

どんな授業をしていくのか?

 

そのように教えていくのか?

 

いつ教えるのか?

 

話す内容は多岐にわたりました。

 

でぇ、2020年の来月1月にまずは、1回目のBen先生英語特別授業を小学生、中1、中2、中3通常授業枠で実施することが決まりました。

 

日程などの詳細は、15日以降に配布する「未来通信」を見てください。

 

簡単に伝えておくと、塾生は、個別生でも誰でも無料で受講することができますし、それぞれの学年に分けて授業を実施します。

 

 

 

 

手前味噌で申し訳ないですが、一緒にBen先生と打ち合わせしていた授業内容ですが、私がワクワクしてきました。

 

子供達にも早く、このワクワクを伝えたいですね。

 

人って深い感動を味わう回数が増えれば、人間の豊かさも変わっていくと思うんです。

 

子供達もいっしょ!

 

だから早く、Ben先生と一緒にやりたいですね!

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。