緊急事態宣言を受けての対応[重要]

 

1月13 日(水)、政府は昨日、大阪、愛知、福岡など合わせて7つの府県を対象に、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく、緊急事態宣言を出しました。

 

期間は来月7日までで、宣言の対象地域は11の都府県に拡大されます。

 

これを受けまして、今後の未来義塾の運営方針を再考しました。

 

今回の宣言が飲食店を対象とする要請であること、県内の小・中・高校は休校せず、通常通り通学できることから、以下の通り感染対策をしっかりと実施すると同時に、ご希望されるご家庭に対してはWEB授業も実施し、引き続き授業を継続して参ります。

 

WEB授業を希望される方は個別にご相談下さい。

 

生徒の皆さんが安全に通っていただくためにも、引き続き以下の感染防止対策を徹底してまいります。

 

また状況に応じて運営方針が変わることがあります。その際は、改めて告知させていただきます。

 

 

 

未来義塾の感染防止対策について

 

未来義塾では感染防止対策として、以下の10点を実施しております。

 

① 発熱者の施設へ入場防止・注意喚起

生徒⇒来塾前にご家庭での検温と体調確認をお願いいたします。37.5℃以上の発熱や体調不良がある場合は授業の参加を制限させていただきます。

 

②3つの「密」(密閉・密集・密接)の防止・注意喚起

座席間のスペースを広く取り、常に換気を行います。授業中は、講師がマスクを着用した上に、さらにフェイスシールドを着用して授業を実施します。

 

③飛沫防止、接触感染の防止・注意喚起

講師・生徒⇒マスク着用、手指の消毒、手洗いの励行をします。

 

④共有物の消毒

ドアノブ・机・いすなどの手が触れる場所を毎回の清掃時に消毒します。

 

⑤トイレ内の対応

⇒共通タオルの使用を禁止し、ハンカチやタオルの持参をお願いいたします。ペーパータオルも設置しています。

 

⑥空気清浄機及び換気扇の設置

全ての教室・自習室に、空気清浄機及び換気扇を設置し常に換気を行います。

 

⑦出席自粛の要請

以下の場合には、通塾をご配慮いただきますよう、お願いいたします。

・通塾前に発熱・咳など、風邪の症状がみられる場合

・発熱の有無にかかわらず、強い倦怠感(だるさ)や呼吸困難(息苦しさ)がある場合

・同居の親族に、新型コロナウィルスが陽性と診断された方がいる場合

・同居親族の職場・学校などにおいて、新型コロナウィルスが陽性と診断された方がいて、濃厚接触した可能性がある場合

・学校が新型コロナウィルス感染症によって臨時休校となった場合

 

 

⑧体調不良、学校が休校による出席自粛の生徒への対応

受けられなかった授業に関しては、以下のように対応していきます。

集団コース→「オンライン授業の受講」及び振替え授業で対応させて頂きます。

 

⑨未来義塾内で食事を食べることはありません。
※緊急事態宣言発出期間は勉強会時のお弁当も禁止とします。

 

⑩新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、残念ながらPM7:00~PM10:00 までの夜の自習室の使用を1月中は中止とさせて頂きます。

 

 

以上よろしくお願い致します。

 

未来義塾代表:守田 智司

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。