70日間 苦手教科克服プロジェクト発動!

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、9月に入り毎朝6時前に起床し、30分間ウォーキングしている元気、元気の未来義塾の守田です。

 

昨日全ての期末テストが終わりました。

 

一人一人のテスト結果を丁寧に見ていくと、浮き彫りになる個々の苦手教科。

 

次の定期テストが11月25日からスタート。

 

今日から数えて70日間。

 

この70日間で少しでも苦手教科を克服しここの弱点を埋めていこうと思います。

 

 

題して、「70日間 苦手教科克服プロジェクト」

 

新型コロナウイルス発生後,子供達が家にいる時間が増え,その分保護者の皆さんは、お子さんの行動が以前よりも目に映り、子供の教育について考える機会が増えたのではないでしょうか?

 

またそれに伴い不安を抱いてる保護者も多いハズ。

 

 ウイズコロナ時代だからこそ未来義塾は、保護者の皆さんの不安を少しでも解消できるように原点に立ち返り、目の前の生徒のために何がしてあげられるのかを徹底的に考えていきます。

 

1人1人の生徒と向き合うアナログ臭の強い塾、生徒とハイタッチができる塾でありたいと思います。

 

誰に習うのか?

 

どのような環境で学習するのか?

 

一人で勉強するよりもはるかにやる気と効果が出る指導にこだわってきたいと思います。 

 

まずは70日間苦手教科克服プロジェクト発動です! 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。