2020高校進学説明会に向けて(1)

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

今年の高校進学説明会は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響のため、実施が昨年よりも大幅に遅れてしまいましたが、やっと実施できる目処が立ちましたので、7月中旬に行う予定です。

 

今回、三密を防ぐために、学校別にして二日間にわたり、午前・午後に分けて、初日は生徒のみ、二日目は保護者の合計4回実施する予定です。

 

ソーシャルディスタンスを充分に確保するために、換気を充分配慮して会場には10名未満になるように調整します。

 

本来なら、同じ説明を親子で聞いて頂き、受験への知識や意識を共有して頂くのですが、今回は小人数のグループで実施します。

 

私も、2日間で合計4回実施するのは、初めての試みで体力的にも無事に(笑)できるか心配なんです!

 

でも、挑戦して少しでも保護者の皆さんの不安を解消し、生徒達のやる気を引き出せればと思います。

 

最初は、動画で撮影して保護者にお伝えするのもあり?かなと考えましたが、動画では伝わらない熱量が対面にはありますよね。

 

だから直接「元気」だったり「熱量」を生徒諸君や御父母の皆様に届けたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。