2020年 新年度生徒募集チラシ完成!

 

「個別指導」と「小集団指導」の両方の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒を元気にする未来義塾の守田です。

 

2020年新年度募集のチラシが完成しました。

 

キャッチコピーは、

 

「自分を変える、未来を変える」

 

変わることは、ワクワクすること。大切なことは、ワクワクする未来を思い描き、それに従って行動を起こし、新しい自分と出会うこと。

この春から,未来義塾でスタートダッシュしょう!

 

今回のチラシには、うちの塾名の「未来」という言葉をどうしてもキャッチコピーに入れたかったんです。

 

おかげさまで、地元蒲郡に開校して今年の6月で満15年になります。

 

当時、年度途中の6月に開校しなければならず、初年度はたった2名の生徒からのスタートでした。

 

下駄箱は、自分でDIYで作り、生徒達の机は新品を用意をするのですが、私の机は、中古のサビだらけのスチールデスクでした。それを、自分でサビを落とし、塗装し直して3年ぐらい大事に使っていました。

 

チラシも、不慣れなイラストレイターを使って何時間も格闘しながら自分で作っていました。

 

 

全てが作りでした。

 

15年前に自分で作ったチラシ「開校チラシ」です。

 

このチラシを見ていると、当時のことを昨日のように思い出します。

 

今までお世話になっていた進学塾TEPを退職し、40歳過ぎての独立。

 

2歳になったばかりの娘の寝顔を見つめながら、家族を養い、たった1人で塾を始めることへの不安。

 

何度も眠れない夜を過ごしました。

 

でも、それ以上にワクワクしていた私がいました。

 

「自分が信じる理想の塾を創ることができる」その信念を基に、まだ見ぬ生徒との新たな出会いに想いを馳せ、教える面白さ、伝える楽しさが毎日の原動力でした。

 

「期待」と「興奮」が「不安」を退けるという経験をすることができました。

 

その期待と興奮は、15年経った今も変わりません。否、今の方がこのワクワク感が増しています。

 

未来義塾は、2020年大きく変わります。そして、新たな期待と興奮を今回のチラシに詰め込みました。

 

チラシは、1週間後の2月2日(日)中日新聞朝刊の折込みチラシに入ります。

 

是非、新しい未来義塾をご覧になって下さい。

 

「自分を変える、未来を変える」

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。