教室のドアノブ交換!

 

自習室の使い方を新しく変えるために、教室のドアノブを鍵付きに変えました!

 

最初は、鍵屋に頼もうかと思いましたが、鍵屋に依頼した場合の料金相場は、

 

ドアノブ交換の場合、工賃として11,000円~ + 部品代がかかります。

 

今回は2か所の交換を考えていましたので、相当な出費!

 

Σ(o>艸<)

 

 

 

そこで自力で交換できるかどうか?

 

いろいろネットで調べると、

 

「ドアノブ交換」で検索をかけると、たくさんのドアノブ交換方法の記事が見つかりました。

 

 

必要な道具は、プラスドライバー、マイナスドライバー、千枚通し、キリなど細長く硬いものなど

 

特別な道具は必要ではないことがわかったので、自分で交換することにしました。

 

 

動画を見ながら、ものの15分で簡単にドアノブを外すことができました。

 

 

本当に簡単!

 

o(*^▽^*)o~♪

 

 

作業しながら感じたことは、

 

ドアノブ交換で気を付けなければならないのは、

 

ドアノブの取り外しや取り付け作業よりも

 

新しく交換するドアノブをドアに合ったものをキチンと選ぶことだと思いました。

 

 

 

交換する前に、ネット記事でよく見かけたのが

 

「購入したドアノブのサイズがドアと合わないため取り付けられない」というトラブル。

 

新しく取り付けるドアノブのサイズが違う場合、ドアに取り付けることができない場合が多々あるようです。

 

 

私もホームセンターで、ドアノブを購入しようとした時、さまざまな種類のものが販売されていて驚きました。

 

ドアノブはメーカーや品番によってサイズが異なります。

 

なので、購入する前に、

 

・ドアの厚み

・フロントプレート(ドア側面のラッチがついている金属の板)の幅・高さ

・ビスピッチ(フロントを固定している上下のビスの間隔)

・バックセット(ドアノブの中心部分からドアの端までの長さ)

 

などをしっかり計測。

 

 

 

取り付けも、15分程度で簡単に終了!

 

取り外しから、取り付けまで30分もかからず完了。

 

お金を出して業者に頼むのは簡単。

 

でも、意外と自分でやれることはたくさんあって、

 

そしてやってみるとその作業が楽しかったりする。

 

やっぱり何でも手を出すべきで。

 

向き不向きなんてやってから言うべきなんだろう。

 

やってもみないで「つまらない」、とか「大変だ!」とか言うのは逆に損しているのかもしれないよね。

 

 

ちなみに、今回ドアノブは、3000円程度。

 

鍵屋を呼んだと考えると随分お金が浮きました!

 

d(≧▽≦*d)

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。