じゃ、濡れちゃえ!

 

今朝、散歩していたら突然の雨。

 

傘もレインウエアも雨具は持っていなかった。

 

人生と同じで、上り坂、下り坂、そしてまさか雨が降るとは・・・

 

MORITA先生
MORITA先生
Oh my gosh!

 

(>へ<) ←涙を堪える

 

「ああ、まじで!?」

 

「雨具持ってきてないや」

 

スマホが濡れてはいけないので、慌ててウエストバッグの中に入れ、

 

少しでも早く帰ろうと走り出すが、市民病院辺りを歩いていたので、

 

ここから走って戻ったとしても、間に合わない。

 

雨音は徐々に増してくる。

 

頭からパンツまでずぶ濡れ。

 

「最悪」

 

なんて自然と口からこぼれたと同時に、

 

ジーンケリーが土砂降りの雨の中、主題歌を歌いながらタップダンスを踊るシーンが浮かんできた。

 

 

 

 

すると、気持ちが軽くなるというか・・・

 

子供の頃、傘もささず、小学校から帰って来る途中ずぶ濡れになりながら、

 

友達と帰って来たあの頃を思い出した。

 

久しぶりのパンツまでずぶ濡れだ。じゃ、もうこれ以上濡れることも無いというわけだ。だったら雨の中を楽しみながら歩けばいいじゃん!。帰ったら暖かいシャワーを浴びれば、それで済んじゃうことだし。
MORITA先生
MORITA先生

 

そう思うと、開き直って

 

ドンドン濡れちゃおう!なんて気持ちになっちゃう。

 

58歳が12歳に舞い戻る。

 

水たまりの中に、ドンドン入っていく。

 

バシャバシャ、入っていく。

 

 

そもそも、開き直りって「覚悟」なんだよね。

 

もうこれ以上悪くなることは無いんだから、楽しんじゃえばいいんだと思えること。

 

この感覚って会社を経営している人や個人事業主の人は理解してもらえると思う。

 

塾も17年間やっていれば、

 

上り坂、下り坂、そしてまさかも何度も経験してきた。

 

そして、今はコロナ禍にあってその「まさか」の真っ只中にあるのかもしれない。

 

でもその度に、「覚悟」はしてきたし、「本気」だった。

 

サラリーマンじゃないので、

 

会社から毎月決まった給料が貰えるわけではない。

 

うちの塾にお子さんを通わせてくれている保護者の皆さん1人1人から、

 

お月謝という形でお金を頂いている。

 

この頂いている感覚を大切にしたい。

 

だからこそ、

 

朝起きて、寝るまでの1日中、生徒の成績を上げることや、保護者の皆さんにどうしたら力になれるのか?

 

そんな塾のことばかりを考えてきた。

 

それは、今もこれからも変わらない。

 

 

水たまりの中を、ドンドンずぶ濡れになりながら入っていく。

 

この感覚を忘れずに、

 

塾を進化させていきたい。

 

もとい、深化させていきたいね。

 

 

(PS)写真がファンモンのCDジャケットに似ていると言われました((笑))

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。