MOROHA「五文銭」

 

今晩は、未来義塾の守田です。先程、MOROHAの新曲「五文銭」のPVを見ました。

 

 

 

 

2019年5月29日(水)発売の3年ぶりのニューアルバム「MOROHA Ⅳ」より、新曲「五文銭」のミュージックビデオが完成。今回の作品も奇才・エリザベス宮地が監督。

 

2018年のMOROHAの活動の裏側を切り取ったドキュメンタリー映像を中心に構成されており、SUMMER SONIC 初出演のライブ映像やZepp Tokyoでの単独公演、中野サンプラザでの無観客ライブ他、幾多のライブの生々しく鬼気迫るようなシーンの数々。

 

そしてMOROHAの出身地である長野県・上田市の雪深い荒涼とした風景とで織り成された、MOROHAとエリザベス宮地監督にしか表現できない圧倒的な映像作品になっている。

■ニューアルバム 「MOROHA Ⅳ」

2019年5月29日(水)発売

「拝啓、MCアフロ様」「五文銭」「うぬぼれ」「遠郷タワー」含む、全10曲収録予定。

YAVAY YAYVA RECORDS / UNIVERSAL SIGMA

 

 

 

去年の12月”MOROHA” 単独ライブ. LIVE. 2018.12.16にZEPP TOKYOに1人で行くほど彼らの音楽が好きです。

 

 

いつも朝歩く時には、MOROHAの歌詞を聴きながら歩いています。

 

ライブの最後に演奏された「五文銭」を改めてPVで噛みしめていて、やっぱり彼らの歌詞が心に突き刺さります。

 

 

変わらなきゃ変わらない

そんなこと分かってる 決意のケツ引っ叩く 強く

もうスヌーズは無しだ 一発で目覚めろ

豚は死ね 狼は生きろ

おお神よ 俺たちに慈悲とご加護を なんて言わねえ

頼むから 邪魔だけはするな

一人じゃないよ なんて気休めを蹴飛ばして

一人でもやれって歌を叫べ

再生ボタンは 奥歯の上にある

噛み締めた時だけ鳴り響く音楽

 

「変わらなきゃ」なんて思っていてもなかなか変れず、成長とはほど遠い毎日。

 

「昨日よりも今日、今日よりも明日」と思って努力を重ねる続けても少しも理想に近づけない現実。

 

それでも、「頑張れ」と自分で自分を励まし、諦めるなと自分で自分の尻を叩き続ける。

 

でも、特別意志が強いわけでも、能力が高いわけでもないから、どっかで心の電池が切れて、動けなくなる時が1年の内に何度もあるんです。

 

そんな時にMOROHAの歌詞と自分が重なり、励まされ、ぶん殴られ、その度に「こんちきしょう」と立ち上が力が湧いてきます。

 

1人でやっていると、自分を叱ってくれる上司も、助けてくれる同僚も部下もいないから、だから五文銭の

 

一人じゃないよ なんて気休めを蹴飛ばして、一人でもやれって歌を叫べ

 

なんてリリックに触れると「ぐっ」ときちゃって目頭が熱くなるんです。

 

また、朝歩こうと思います。

 

MOROHAを聞きながら・・・・

 

誰にも言えない、誰にも聞いてもらえない不安と葛藤を力に変えて明日も歩こうと思います。

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。