蒲郡市 小中学校・保育園にエアコンを設置をする方針を明らかにした!二年間で344台!

 

 

おはようございます、図書館の近くにある小集団と個別を融合したハイブリット指導を実践している未来義塾の守田です。

 

いや~、今日の中日新聞朝刊、東三河版を読んでいて、小中学校・保育園にエアコン 蒲郡市 全室設備へ」という嬉しい見出しが飛び込んで来ました。

 

蒲郡市が昨日27日に,2019年度末までに小中学校の普通教室と保育園の全室にエアコンを設置するという方針を明らかにしたんですよね。

 

以前もこのブログで書きましたが、今年の猛暑は、気象庁がいっているようにもう「災害に匹敵する」というレベル!早急に検討し、対応していかなければならない課題でした。

 

是非、話が蒲郡市でも小中学校や保育園にエアコンを設置して欲しいと思っていました。

 

 

 

段階を踏んで二年間で合計344台のエアコンを設置

 

蒲郡市内には、16の市立保育園と13の小学校、そして7中学校があります。今回の方針では、来年度末までの2年間で、計344台のエアコンを設置するそうです。

 

設置に関しては、段階を踏んで設置されていくそうですが、まずは第1弾として、保育園と小学校1・2年生の教室に合計116台を来年の6月までに設置。

 

そして2020年3月までに小学校3年生から6年生の教室と中学校へ合計228台のエアコンを設ける予定だそうです。

 

設置費総額

2年間で設置費用が総額10億5240万円、そして市の資産ではエアコンのランニングコストは年間3300万円あまり。

これらの財源に関しては国交付税や臨時財政対策債を当て、国の補助金などがあれば活用しながら、設置事業を進めて行くそうです。

 

子供達の命を守る嬉しいニュースです。豊田市では7月、1年生の男子児童が熱中症で亡くなる事故が発生しましたよね。今年これだけ、猛暑日が続き、親としたら子供の体調がやっぱり心配ですよね。やはり、エアコンの設置は有り難いモノです。

 

今回の迅速な蒲郡市の英断には拍手を送りたいと思います。

 

 

(PS)

豊橋市市議の長坂さんのブログ記事は読んでいて面白かったですし、いろいろ考えさせられる内容でした!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。