2019 卒塾生の声を届けます! Vol.3

 

 

今日は、未来義塾を今年卒業していった生徒達が書いてくれた、卒業作文の一部をご紹介します。

 

 

安城高校合格 元場久瑠実さん(蒲郡市中部中卒業)

私は中学二年の冬頃からこの塾に入りました。先生はわからないところをわかりやすく丁寧に教えてくれたので、二年の最後のテストでいい結果を出すことができました。

 

受験生になり、不安とプレッシャーに押し潰されそうになった時、先生が応援してくれたことを覚えています。私は前期の時点で、志望校に入るための内申が足りませんでした。

 

内申を上げるのはとても難しく、不安になることが多かったのですが、テストで高得点を取り内申アップにつなげるために、課題を4回通りやったり、テスト前の勉強会でわからないところを潰すために、たくさん質問したりしました。

 

そのおかげで高得点を取ることができ、内申も2年の最後から、最終的に5つ上げることができました。内申を上げられたのは、塾に入ってたくさん勉強したからだと思います、本当にうれしかったし、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また、私の数学の結果が悪かった時に、先生は私のために計算プリントをたくさん用意してくれました。そのおかげで最後の模試で良い点を取ることができました。

 

志望校に合格した今、この一年間を振り返ってみると、とてもしんどい一年だったと思います。

 

ほぼ毎日あった夏期講習に、一日中頑張った秋期講習、冬の厳しい寒さの中、仲間と共に目の前にある壁にぶつかっていった冬期講習。ほんとうにつらかったです。

 

お正月もゆっくり家族と過ごす訳でもなく、机に向かって勉強していました。こんなに頑張っても結果が出ない時もありました。

 

悔しかったり、辛かったりすると思うけれど、最後まであきらめないでください!!きっと辛さの先には、合格が待ってます!!

 

みんな頑張ってください!!

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。