アイ・メッセージは、愛メッセージです!「やる気」を引き出す学習塾を目指して!

 

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

私が塾で目指していることは「生徒のやる気を引き出す」ことです。生徒のやる気を引き出すことができれば、自ら進んで行動を起こす可能性がどんどん高くなります。

 

しかし、1人1人の「やる気スイッチ」というのは、場所も形状もその子、その子で違います。

 

ですから、個々に違う、「やる気スイッチ」をどのように見つけ、どのタイミングで、どれぐらいの力でそのスイッチを入れるのかは、本当に難しいものです。

 

 

私が生徒のやる気を引き出すために、声掛けという点でいつも意識しているのがコーチングの指導法で実際に行われているアイメッセージです。

 

Iは、私を意味し「~してくれて、(私)はすごくうれしい」と相手に伝えるメッセージ。それに対してYouは、あなたを意味し、「~をしてくれて、(あなた)は、すばらしい」と伝える。

 

どちらのメッセージがより相手のやる気を引き出せるのでしょうか?

 

ユーメッセージは、相手を一定な基準で比較し、相手を褒めているので評価する意味合いが強く、それに対してアイメッセージは「私は、あなたがしてくれたことや頑張っていたことを認めているよ」といった承認する意味合いが強いと思うのです。

 

評価と承認

 

評価するだけの言葉では、相手の能力を100%引き出すことは難しい。評価するのではなく認めることで、言葉そのものにぬくもりが宿り、相手の心にも「やる気」という灯火が燈るのだと思います。

 

人は、情で動く者です。情とは、物に感じて動く心の働きだったり、他人に対する思いやりの気持ちだったりします。

 

最大の承認は、愛情だと思っています。

 

だから今日も生徒達に愛メッセージを語ろうと思うんです。1人1人のやる気を引き出すために。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。