毎日続けること!

おはようございます、昨年の7月ブログ更新を続けている未来義塾の守田です。我ながら途中で挫折せず、よく続いているものだなぁーと感心しています。

 

最近では、他の塾の先生方からも「よく、毎日書くことができますねぇ~!」と言われるようになってきました。しかし、時として毎日、書くことが、負担となり、「今日は、何を書こう?」と頭を抱えることがあります。

 

そんな時、「生徒達に毎日勉強しろ!」と言う限り、私自身も毎日欠かさずにブログを更新し、毎日続けることの大切さを自分自身が経験することが、本当の意味で生徒達の見本となることが大切だと思うようにしています。

 

また、他の塾の先生が「よく、毎日書くことが出来ますね」と言って下さることは、自分にとって褒め言葉だと実感しています。

 

他者が感心してくれるということは、それだけ自分の行動が他者に認められ始めていることだということだと思い励みにしています。

 

きっと、生徒達も同じように感じてくれているはずだと思います。だから、これかも頑張りますよ!

 

 

繰り返し続けていくことで、それがやがて「大きな力」となる・・・

20世紀最大の芸術家ピカソ。

 

 

なぜ彼が、20世紀最大の芸術家と言われたのか?その理由は2つあります。

 

1つは、それまでの絵画は平面で構成されていました。ピカソは、今までの概念を根底から打ち壊し、平面に立体が持つ全ての面を取り込んで描く「キュビズム」というスタイルを作った1人といわれているからです。

 

そして、もう1つは、作品数が私達の想像を遥かに超える数だということです。

 

その作品数は、8万点とも10万点ともいわれています。1日1点として、毎日作り続けて、1年で365点になりますよね。100年にしてみると3万6500点ですから、ピカソの作品の数が、いかに多いかがわかります。

 

計算してみると1日1点どころか1日に2~3点程度作成していることになるわけです。こうしてみると20世紀最大の芸術家ピカソは、どうやら努力の天才だったようです。

 

 

続けることは、成長するために必要不可欠な要因の一つ。私自身がブログを続けることで、絶えず続けることの難しさを体感し、生徒達に身を持って示せたらと思います。

 

そして、続けることでその先にある頂から見る素晴らしい景色を伝えることができればいいですね。

 

それでは、今日はこの辺で・・・・

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。