2018年度 京都ノ街ヲチャレンジ100kmウォーキング【東山編】

 

2017年のウォーキングを振り返ると7月、8月の2か月間かけて、蒲郡市から岐阜県笠松町までの100kmを歩き、そして、9月から12月の3か月間で、京都ノ街ヲ100km歩くことを目標に挑戦を始めました。

 

京都ウォーキングの1回目は、9月22日。伏見稲荷から東福寺、そして三十三間堂を経由して京都駅まで、全行程13.3km。2回目は、京都駅から金閣寺まではバスで行き、金閣寺から龍安寺、仁和寺を巡り、そして壬生寺を経由して、京都駅まで15.9kmを歩きました。

 

合計京都ノ街ヲ29.2km。そして、昨日2018年4月7日、再び100kmウォーキング挑戦を再開しました!

 

 

2018未来義塾も「維新」を起こしたい。だから龍馬に会いたいんじゃ!

 

徳川慶喜が大政奉還を表明し、世の中が大きく変り始めた明治維新から2018年で150年。未来義塾も”維新”を起こす年。

だから、龍馬にどうしても会いたくなってしまいました。(笑)そして墓前で手を合わせて、今の想いを報告したくなったんです。

 

打倒幕府の信念を掲げ奔走し、ついには大政奉還を成し遂げました龍馬に、「未来義塾の夜明けぜよ」なんて言って貰えたら勇気100倍、元気100倍!(笑)

 

ということで、今回は龍馬に会いに、八坂神社・円山公園から京都霊山護国神社、最後に清水寺までウォーキング。

 

 

 

桜舞い散る都で歩き倒します!まずは、池田屋からスタート!

 

実は、ウォーキングのために初めて京都に1泊します。そして、二日目はあの塾長に久しぶりに会います。

うふ♪(* ̄ー ̄)v

 

京都駅からホテルに向かいチェックインを済ませてから、池田屋まで歩きます。池田屋といえば、1864年、京都三条の旅館池田屋で謀議していた長州藩・土佐藩などの尊皇攘夷派の志士を、新撰組が襲撃した事件ですね。

 

 

 

そして、ここから鮮やかな朱色が美しい八坂神社、そして花見のスポットとして老若男女から人気がある円山公園に向かいます。

 

 

円山公園の桜は残念ながらもう散ってしまっていましたが、新緑に満たされつつある、清涼感たっぷりの緑が迎えてくれました。

 

 

そして、遂に最初の目的である、坂本龍馬、中岡慎太郎像の前に立つことができました。

 

 

もう既に降り始めた小雨。でも、全く気になりません。それ以上に、龍馬に会えた興奮が勝っていました。

 

 

 

私このために生まれて初めて、自撮り棒を買っちゃいました!(笑)気付いた人もいると思いますが、2017年のウォーキングで撮影した写真には、神社やお寺ばかりで、私自身の写真は1枚もなかったと思います。

 

 

さあ、ここからは坂本龍馬の墓前で手を合わせるために、京都霊山護國神社に向かいます!

 

さあ、今回のウォーキングの1番の目的、龍馬や幕末の志士達が眠る墓前で手を合わせるために一路、京都霊山護國神社に向かいます。

 

 

京都の街を歩きながら目にする新しい風景や体に感じる風、光、温度などさまざまな刺激が私のやる気を引き出してくれます。

歩いている最中に新しいアイディアが頻繁に浮かび、物事全てに対して前向きにな気持ちになれるのです。

 

 

京都霊山護國神社に到着し、階段を1段、1段を上ります。

 

 

龍馬の墓前に立つと感情が込み上げて目頭が熱くなってきました。膝をつき、手を合わせ目を閉じると、昨年1年が走馬燈のように思い出されました。

 

 

人に言えない想いというのが誰にでもあります。

 

小さいながらも1人で塾を開き、毎日教壇を立つ日々の中で私にも人には言えない想いがあります。

 

そんな誰にも言えない想いを龍馬の墓前でゆっくりゆっくり語ることにしました。ここなら言える。そう思うと、また目頭が熱くなります。

 

漢として生まれ、漢として立ち、家族を支え、仕事に励み、年齢を重ねていく。誰にも媚びず、退かず、人として全うな道を歩み、日本人として生きる。

 

 

龍馬が多くのことを語ってくれた気がします。

 

 

時間がゆっくり流れます。想いが浄化されます。そして、今年の決意を墓前で伝えます。でも、不思議と肩の力が抜け、やさしい気持ちになれるのはなぜでしょう。

 

 

長州という二文字を見ただけで心が踊るのは私だけでしょうか?(笑)

 

 

さて、ここからは、雨が降り続ける中、清水寺を目指します。

 

 

雨降る京都ノ街の中を歩き、ふと立ち止まり、美しい街並を見ながら深呼吸するのは、本当に気持ちがいいものです。

 

なんだか人生に似ているなぁーと思えてきました。

 

人生も時には、立ち止まり廻りを見つめ、家族を見つめ、仕事を見つめ、深呼吸をして、穏やかな気持ちになる時間を創らないといけないと・・・

 

さぁ、清水寺を目指します。

ここからのウォ-キングレポートは、また後日お届けしますね。

今から、あの塾長と京都グルメツアーに行かなければならないので(笑)

今日は、この辺で失礼します。

うふ♪(* ̄ー ̄)v

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。