豪州の言語、文化、習慣などの日本との違いを丸ごと経験しておいで!

 

 

おはようございます、未来義塾の守田です。今日、8泊9日の予定でオーストラリアに向けて出発する蒲郡市の中学生派遣団。

 

市内の中学生達に国際感覚を磨いてもらおうと1985年から毎年行われているそうです。市内全7校から、男女1名ずつ計14人が参加するそうですが、今回未来義塾生のO君もそのメンバーの一員として参加しています。

 

昨日O君から今回の海外派遣の日程などを詳しく聞きました。

 

ビクトリア州都のメルボルンやシドニー近郊を訪れ、ホームスティで現地の学校に訪れることなど、本当に目をキラキラさせながら楽しそうに話してくれるO君。

 

そんなO君の話を聞いていてこちらもワクワクしてきましたね。

 

私もオーストラリアには行ったことがあるので、少なからずアドバイスをしました。

 

例えば、「オージーイングリッシュ」といわれているオーストラリア英語では、aは「アイ」と発音されることなどです。

 

aの音は、アメリカ英語では「エイ」とか「エ」と発音されますが、オーストラリア英語では、aの音は「アイ」とか「ア」と発音されます。

 

だから、オーストラリアに初めて行ったとき、現地で”Today”「トゥデイ」を「トゥダイ」と発音されているのを聞いて驚いたのを今でもよく覚えています。(笑)

 

O君には、言語、文化、習慣など日本とオーストラリアの違いを丸ごと経験し、何事にも積極的にチャレンジすることで、一回りも二回りも成長して日本に帰ってきて欲しいと思いますね。

 

気をつけて!

 

そして楽しんで!

 

国際感覚を磨いておいでO君!

 

 

子供達に負けれない。もう一度55歳で英会話を学ぶよ!

※20代、大学卒業後エンジニアを辞めて、アメリカアトランタで大工をしていた時の写真!

 

海外派遣に行く生徒や帰国子女の生徒、そして中2で英検3級、中3で凖2級などを挑戦する生徒など、うちの塾では何だか英語に関わる生徒達が増えています。

 

もともと塾長である、私が学生時代、バスでアメリカを放浪したり、その後アトランタで大工をしたりと、一風変わった経験が有るせいか(笑)、将来海外に飛び出そうとしている子供達が集まってくるようです。

 

そんな中、子供達に負けじと、私ももう一度短期ですが、Ben先生から英会話を習うことにしました。

 

なんか、最近フツフツと「学びたい!」なんて気持ちが湧き上がってきていているんですね。

 

そして、自分の目線も海外に目を向けたいなんて思ってきちゃったんです。(笑)

 

また、Ben先生の生徒になって英会話を始めることについては、「塾長、55歳で英会話始める!」なんてタイトルでこのブログでご報告しますね。(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。