三河学区高校別2019 私立大学合格実績をまとめてみた!

おはようございます、昨日は、ロド先生の結婚式に出席してもう終始、目がウルウルしてしまった未来義塾の守田です。

 

さて、今朝は、高校進学説明会で新しく配布する資料、「三河学区高校別2019 私立大学合格実績」を作成しました。

 

作成した資料は、昨日作成した資料と同じで、蒲郡市内から通学できる三河学区の公立高校、私立高校合計31校をピックアップして、高校別私立大学の合格実績をまとめてみました。

 

やはり資料を作成しながら感じたことは、高校選びにおいて、その先の大学をイメージすることが大切だということです。

 

具体的には、やはり各高校からどのぐらいの人がどの大学に進学しているかを確認しておくことですね。

 

でもなかなか、その高校の進学実績といわれている、実数などを調べたりするのは難しいことだと思います。

 

そこで少しでも塾として受験生達の役に立てればと思い、高校別の大学合格実績の資料を作ろうと思ったわけです。

 

例えば県内の私立大学の文系志望で、南山大学に通いたいと思えば、今回配布する資料で各高校の南山大学の合格者数を確認するれば、どこの高校が南山大学に合格しやすいのか?がわかります。

 

今回の資料は、サンデー毎日の4月21日増大号を参考にして作成したのですが、例えば、南山大学の各高校の合格者数をサンデー毎日掲載のデータより抜粋してみると・・・・

 

岡崎高校⇒109名

 

刈谷高校⇒165名

 

岡崎北高校⇒108名

 

刈谷北高校⇒81名

 

豊橋東⇒85名

 

国府高校⇒54名

 

岡崎西高校⇒30名

 

安城高校⇒5名

 

蒲郡東高校⇒8名

 

安城東高校⇒51名

 

蒲郡高校⇒5名

 

豊丘高校⇒43名

 

知立東高校⇒90名

 

西尾高校⇒95名

 

小坂井高校⇒12名

 

岡崎城西高校⇒21名

 

光ヶ丘高校⇒44名

 

このように高校別で南山大学合格実績を確認してみるだけで、私立高校からでも多くの合格実績を出していることが分かります。

 

高校は生徒にとってかけがいのない貴重な3年間になります。

 

現在の自分の「内申点」や「偏差値」がこうだから、どの高校に行けるか?と考えるのではなく、高校のその先までを考えて高校を選択できれば悔いのない高校選択ができると思います。

 

高校入試は、人生の中で1つの“通過点”でしかありません。ですから、次の通過点を意識して目の前の選択をしていくことも大切なことだと思います。

 

今回作成した資料が、受験生にとってより良い高校選択をする材料となれば幸いです。

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。
Avatar photo

最新記事 by 守田 智司 (全て見る)