未来義塾と桜と入学式 2019

おはようございます、NHK連続テレビ小説「なつぞら」を毎朝楽しみにしている未来義塾の守田です。

 

主題歌の「優しいあの子」をスピッツが歌っているのを聞いて、もう興奮しちゃいましたし、語りがまたまたアノ優しい声の内村さんでしょ。

 

それでいて、最初のシーンで青々とした大空の下に拡がる広々とした草原に、響き渡る鳥の声。雄大な十勝の風景でもう心はわしづかみされてしまいました。

 

また、オープニングのアニメーションがいいじゃないですか!

 

ちなみに興奮し過ぎて、娘に「このアニメーション、スタジオジュビロみたいでいいなぁー」と言ってしまい、娘に「それってスタジオジブリでしょう」と大笑いされてしまいました。(笑)

 

さてさて、今日は未来義塾の目の前に咲く桜の花をご紹介しますね。

 

 

蒲郡のは、桜の名所がいくつかあります。例えば、三河湾や渥美半島、神島を一望できる西浦園地。それから、中部中の近くの自然の森を利用した緑豊かな中央公園などです。

 

 

春の気持ち良い季節と美しい桜の花を楽しむ花見の起源は、奈良時代の貴族達の間で始まったといわれていますが、塾の前にある中ノ坊公園の桜も今がちょうど満開です。

 

今日は、カメラを持ち出し、桜の美しいさを切り取ってみました。

 

 

持っているレンズの最短撮影距離を確認し、桜の花びらとレンズを最短撮影距離ぎりぎりまで近づけて撮影して見ました。

 

 

空の青さと桜の花と未来義塾

 

 

今日は、娘の高校入学式です。このブログで娘のことは全く書くことはありませんでした。

 

でも、今日は彼女の高校入学式。

 

この1年間よく頑張っていました。

 

今朝、ちゃんと伝えたつもりですが、そんな娘に言葉としてこのブログでも伝えますね。

 

”高校入学おめでとう!”

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。