それまでわからなかったことがわかった瞬間、子どもたちはぽんと音が鳴るような「わかった顔」をするものだ。

おはようございます、第61回グラミー賞で、主要部門の2つである最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞を受賞したチャイルディッシュ・ガンビーノのミュージックビデオ「This Is America 」をヘビロテして聞いている未来義塾の守田です。

 

このPVは、銃規制や人種差別など、現在のアメリカが抱える社会問題を痛烈に描いていて、ガンビーノの背後で繰り広げられる様々なシーンに目を奪われます。

 

さて、さて今日は、昨日体験授業を受けてくれた小学生のA君のことを書きたいと思います。有り難いことに、今月に入って7名の子供達が未来義塾の体験授業を受けて頂いています。

 

初めて塾に来て、体験授業を受けるわけですから、凄く緊張した面持ちで塾に来るわけです。

 

緊張のあまり、挨拶も凄く小さかったりします。でも、いいんです。

 

かちこちになった表情で、椅子に腰掛け、初めて入る塾の景色を眺めながら、おもむろにカバンから筆箱を取り出し、不安と期待を膨らませながら私の指示を待ちます。

 

今、学校で学習している算数や国語の単元、そして得意な科目や苦手な科目の単元などを聞き出します。その上で、教材を配布し、小学生の体験授業がスタートします。

 

初めて入る学習塾、初めて座る机、初めて見る問題集、初めて触れる学び場の空気。

 

緊張しながらゆっくり丁寧な字で問題に答えを書き込むA君。

 

そんなA君の手が止ります。1分、2分、3分と今までスラスラ解けていた手が止り、考え込んでいました。そして、勇気を振り絞り、「先生わかりません」と質問しに来てくれました。

 

「先生、P106のこの問題が分らないので、教えて下さい。」

 

私は、A君の表情をしっかり見て、その問題をゆっくり読み、図を書きながら、わかりにくそうな部分は時間をかけて説明しました。

 

すると、A君が「あっ」と弾けるように小さく声に出した瞬間、顔が明るくなるのがわかりました。そうです、A君にとって「わかった!できた!」という瞬間でした。

 

小説「みかづき」にこんな一節があります。

 

それまでわからなかったことがわかった瞬間、

子どもたちはぽんと音が鳴るような「わかった顔」をするものだ。

 

この瞬間がたまらなく好きです。

 

私は、教えるときに、一方的に説明するのではなく、対面で生徒1人1人と直に向き合い、1人1人の表情をよく見て、丁寧に、そして時には自分で考えさせることを意識しています。

 

そういった「対面」にこだわりを持って教えています。

 

教育は、人間を相手にする仕事です。

 

企業規模や合理化、教育システムが子供達を成長させる訳ではないと思います。「どこの塾に通っているか?」ではなく、「誰に教えてもらっているか?」ということの方が大切なハズです。

 

ですから、私自身が責任を持って教壇に今日も立ち続けたいと思います。

 

只今、新入塾生を募集しています。3月まで先着20名までの方につきましては、授業料を半額にするキャンペーンをさせて頂いていますが、もう既に7名の方が体験を受けて頂いています。

 

なので、入塾を考えておられる御父母の皆様、なるべく早く申込みして頂ければと思いますので、よろしくお願い致します。

 

それでは、今日はこの辺で失礼致します。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。