今日できることは、今日やる!

奈良県橿原神社境内にて 撮影:HUAWEI MATE9 ライカレンズ

 

おはようございます、未来義塾の守田です。昨日、三谷の実家に寄り齢87歳になる父親に会ってきました。

 

父は2016年12月3日に突然脳梗塞で突然倒れ、身体の半分が麻痺していまい、当時歩くことはもちろん、話すこともできない状態でした。

 

86歳という高齢。入院当初、何本もの点滴に繋がれ、ベットに横たわる父親。毎朝、食事のケアのため通院しながらそんな父親の姿を見ていて、何度も,何度も涙が溢れてきました。

 

父親の未来が崩れていくようで、何もできない自分の無力さに何度も空を見上げました。

 

入院中に、父親の車いすを押しながら、一緒に見た夕日。ツメ切りで,初めて父親の足の爪を切ったこと。

 

 

 

 

あれから、2年。毎日の辛いリハビリに耐え、車いすから初めて立ったあの日。今は、自立して歩く事ができるまで回復しました。家族1人1人が切望していた父親の未来が始まっています。

 

この2年間、生きる強さも、優しさも、たくさんの大切なことを父親から学びました。

 

 

「今日できることは、 今日やる!」自分の精一杯を生徒一人一人にさしだす。

奈良県橿原神社境内にて 撮影:HUAWEI MATE9 ライカレンズ

 

 

人生は、ある日突然何が起きるかわかないということを、こうして目の当たりにして、つくづく思うのです。

 

人生は一度きりしかありません。人は,必ずだれでも死んでいきます。でも、そのゴールとなる日付は、いつなのかということは誰にもわからないわけです。

 

だから、ついつい先延ばしをしてします。

 

ある年齢を過ぎたら体力的にも精神的にも衰えていくのは避けられないことです。そう考えたら、今日できることは、明日もできるなんて保証は、どこにも、誰にも、ないんだと思います。

 

87歳になる父親が、自由に動かなくなった右手の代わりに、左手でノートパソコンのマウスをゆっくり、ゆっくり動かしながら、大好きな骨董の写真を私に見せます。

 

そして、パソコンの操作方法が分らないことがあれば、熱心に私に質問をしてきます。

 

その姿は、「出し惜しみするな!出し惜しみしちゃいかん」それは、言葉を換えれば、「精一杯生きろ、明日にとっておこうなんて思うな!やりたいことは、今やれ!」そう、思えてなりません。

 

私にとっては、目の前にいる生徒達がすべてです。今日も、自分の精一杯を生徒一人一人にさしだします。出し惜しみはしません。

 

奈良県橿原神社境内にて 撮影:HUAWEI MATE9 ライカレンズ

 

私は、良い塾を創るために、来年度に向けて、更に動いていきます。

 

やりたいことを先伸ばして、良き塾だとか、理想なんてものを形づくることなんてできやしません。でも、それって冷凍食品を解凍するかの如くパパッとできるものでもありません。

 

だから、自分としっかり向きって自分のできることを積み上げています。「地域でNo.1の塾になりたければ、地域で一番苦労しなさい。」その言葉を噛みしめて、覚悟をしつつ一歩、一歩歩んでまいります。

 

今日は、この辺で失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。