「夢、咲かそ」2019光ヶ丘女子高等学校の案内表紙を見て驚いた!! 卒塾生のMさんが・・・・

 

おはようございます、未来義塾の守田です。昨夜のことです、授業後ひとしきり事務仕事と後片付けをして帰宅したのがPM11:30 頃でした。

 

暗い居間のテーブルの上におもむろに置かれていたが光ヶ丘女子高等学校といくつかの私立高校の新しいパンフレットでした。

 

「あっ、新しい2019年度版の各私立高校のパンフレットなんだ!」

 

「多分、娘が中学校でもらってきたんだな。」

 

「どれどれ・・・」

 

「これが豊川高校の新しいパンフレットで・・・」

 

「ん?・・・・」

 

とスイッチに手を伸ばし居間の明かりを点けると、光ヶ丘女子高等学校の案内表紙を飾っている女子生徒?どこかで・・・

 

「あれ?これ?ムムムムム・・・これって今年卒塾したあの頑張り屋さんのMさんじゃ?」

 

「えっ、ちょつと待って、ちょっと待ってお兄さん、まじでぇ~」

 

思わず、大きな声が出てしまい、この時二度見ならぬ三度見しました。(笑)

 

パンフレットの裏表紙にMさんの紹介が書かれているのを見て、間違いないんだと確信。

 

驚きと共に、やっぱり凄く嬉しいですよね。自塾の卒業生が私の好きな高校の案内の表紙を飾っているなんて・・・だって、その年の高校の顔ともいうべきことでしょ。素晴らしい!

 

 

 

 

こちらが、去年中3の時に撮影したMさん、未来義塾のHPでも紹介させてもらっています。中2の時に入塾して、本当に1年間で成績を上げました。その陰で、毎日自習室に通い、誰よりも自学ノートで勉強していました。

 

1日、3ページ、4ページ自学ノートにその日に勉強した予習・復習をし、受験後半の半年、自習室で見ない日はありませんでした。

 

そういった日々の努力を積み重ねることの大切さを未来義塾で学んでくれたと思います。

 

やっぱり人の見ていないところで、本気の努力できる子は、内面から溢れ出る輝きというものがあります。多分、Mさんは、持ち前の頑張りとその溢れ出る輝きで表紙に選ばれたんじゃないかなと思いますね。

 

 

 

実は、昔から個人的に光ヶ丘女子高等学校のファンでして!

 

未来義塾からここ十年毎年、卒塾生が光ヶ丘女子高等学校へ進学していますし、前職の進学塾TEP時代も含めば、20年近く教え子達が毎年進学しています。

 

前職時代、光ヶ丘女子高等学校を見学した際に、すれ違う女子校生達が全員が笑顔で「こんにちは」と挨拶してくれました。

 

岡崎市内のバス停などで、バスを待つ光ヶ丘女子高等学校の生徒さん達を見かけると、本当にみんな姿勢がイイいんですよ!

 

見学させて頂いた時に凄く感じたんですけど、爽やかで学校全体に溢れる雰囲気に私は魅了されました。

 

今でも覚えていますが、昼休憩に「アベ・マリヤ」がかかっているんです。「アベ・マリヤ」ですよ。そして生徒達が生き生きとしている姿を目にした時、本当に素晴らしい学校だと思いましたね。

 

Mさん、また塾に遊びに来て下さい。そして、高校生活についていろいろ教えて下さいね。それでは、今日はこの辺で失礼致します。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。