さだ語録 みんな生まれてきた意味がある。 ーさだまさしー

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

私は、さだまさしさんが好きです。

 

今から40年前、中学2年生の時にさださんの「私花集」〈アンソロジィ〉に出会い、以来、40年間いろんな人生に節目でさださんの音楽を聞き続け、その歌詞に、その音色に、癒やされ、励まされてきました。

 

さださんがエッセーで書いたモノや、コンサートなどで語ったきた言葉の中から編集者が集めたこの「さだ語録」を読んで今一度、私自身が生きることにもう一度向き合い、鼓舞されています。

 

哲学者でも、宗教家でも、偉人でも、名人でもない、1人のシンガーソングライターが、いろんな場面で語った言葉を、家族、人間関係、仕事、人生、日本、の5つのテーマでまとめたエッセイ集です。

 

そこには、さださん自身が、いろんな挫折&逆境を飄々と乗り切ってきたからこそ、さださんの言葉には、とてつもない勇気と熱意と愛情が込められています。

 

さださんの古き良きオヤジ的骨太な言葉が、萎えた心を元気にさせてくれる1冊です。

 

 

親の一番大切な仕事は、子供を愛することと、それを子供に伝えること。

 

生活の中に、知識を活かしていることが教養

 

聞き上手な人は、実は好奇心が旺盛な人

 

自分が笑うことが、相手の笑顔の始まり

 

言葉を大切に扱えば、お互いに大切に出来る

 

人の心を救うのは、人の言葉の温もり

 

大切な仕事に出会た幸せを、噛みしめて生きよう

 

努力をすれば、報われるわけじゃないが、努力をしなければ何も残らない

 

今日出来ることは、今日しか出来ない

 

きちんと、生きられることへの感謝をすることから明日を考える

 

 

 

1980年発表、映画「翔べイカロスの翼」(主演:さだまさし)の主題歌。

映像はソロ通算3333回目の記念コンサート(日本武道館)より。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。