入試データの源泉を求めて! 愛知全県模試事務局に突撃取材に行って来たヨ!

 

おはようございます、未来義塾の守田です。今週の月曜日になんとあの”愛知全県模試”を運営している「愛知県高校高校入試研究会」の事務局を訪問させて頂きました。

 

事務局は、名古屋市千種区にありますので、これで日曜日、月曜日と二日連続で名古屋市に出張となりました。名古屋駅から中央線に乗り変え、千種駅で下車し徒歩10分ぐらいの所に事務局はありました。今回、写真撮影は、NGとのこと。残念ながら写真での訪問様子をお届けできないのは残念です。

 

午前10時に事務局に到着し、事務局があるビルの3階へ。ドアを開け、受付を済ませて、応接室に案内され担当の方を待ちます。直ぐに担当者の方が来られ、そこから90分間、愛知県公立高校入試について本当に詳しいデーターも交えながら、お話を伺うことができました!

 

こちらが愛知全県模試のHPです。▼

 

 

より役立つ進学資料を作るために入試データの源泉を求めて!

 

今私が作っている高校進学資料は全て愛知県公立入試問題研究会さんが発行しているNEXT STAGE 「愛知県公立・私立高校入 合否追跡調査資料」に基づいて作っています。

 

愛知県公立高校普通科 目標偏差値一覧などは、2017年に合格した生徒の平均偏差値をその高校の目標偏差値と定め、また内申点についても同じく合格した生徒の平均内申点を掲載しました。

 

また、「生徒自身が志望している高校について、当日何点ぐらい取ればいいのか?」その目安となる当日点についても、各高校で合格した生徒の当日点の目安にして、合格者の当日点合計平均点から1科目平均を算出しました。

 

これらすべてのデータを作成するために、 NEXT STAGEを隅から隅まで、舐め回すようにして見て作成しています。(笑)まさに、愛知県の高校入試での進路指導をする上で欠かすことの出来ない、進学資料のバイブルともいえるでしょう。

 

私は、これがなければ生徒やご父母との進路指導もできませんし、また進学資料を作成することもできません。

 

そんな進学資料のバイブルを作成している愛知県公立入試問題研究会に、私は前から行ってみたいと思っていました。それは温泉マニア達が、吹き出したフレッシュな源泉が浴槽を満たす、源泉かけ流しを求めて旅する姿によく似ています。(笑)ちがうじゃろ!(千鳥ノブ)

 

正直、塾の先生達が教材会社を訪問したり、こういった模試を作成する会社を自分から訪れることはほとんどありません。私自身も塾講師歴が30年になりますが、昨年、愛知県の教材会社の学書さんに初めて訪問させて頂いたたぐらいです。

 

でもこうして自分の新しいホームページに、塾生やお母さんたちのために進学資料を新たに作成することになり、そして正確で解りやすい役立つ進学資料を作りたいという欲求がふつふつと湧き上がってきました。

 

 

 

現場で、数多くの生徒たちを教えている塾講師と日々問題を作成するために入試問題を研究し、膨大なデータを保有している会社が 直接情報交換することで、データーの整合性や愛知県の入試傾向、受験生の動向などが見えてくると考えました。

 

実際に90分では短すぎる程、熱く笑いも交えながら多くの情報交換させて頂きました。

 

具体的には、下記の3つについて、お互いに意見交換させて頂きました。。

 

 

① 尾張地区、三河地区で、今起きている入試動向は?

→大学入試を見据えて、今後愛知県の高校入試は、どう受験すべきなのか?

 

②2017年度愛知県公立高校入試制度の変更によって一番何が変わったのか?

→その実態はどうだったのか?

 

③少子化による、加速するであろう定員割れの公立高校不人気校。

→それらの高校の今後の動向は?

 

 

これらの内容についても内容をまとめ次第こちらのブログで発信していきたいと思います。

 

今回対応して頂いた担当の方が、非常に経験豊富な方で、物腰が柔らかく、お話を聞いていて、すごく気持ちが良かったです。

 

具体的には、私からいくつか質問させて頂きながら、担当の方のご意見を伺うのですが、見せて頂く数値や長年の経験に基づく私見に思わず私は唸るばかりでしたね。もうメチャクチャ勉強になりました。

 

今回、担当の方のお名前や写真などは NG ということでしたので、こちらのブログで 御紹介することができなかったのは残念でした。また、最新の2018年の資料に関してもまだ、資料を集めている段階とのこと、ここから数ヶ月かかるそうです。早く、2018年データが完成するのを首を長くして待ちたいと思います。

 

しかし今度は、担当者の方が未来義塾に来てくれて、また再度情報交換をして頂けるお約束をさせて頂けました。やったねー!

 

今回は、中村出版の谷本さんに愛知県高校入試問題研究会さんとの仲立ちをして頂きました。この場を借りて、中村出版の谷本さん、そして 愛知県高校入試問題研究会さんに感謝の言葉を届けてたいと思います。本当にありがとうございました。

 

これで、御父母や受験生達に今まで以上の資料をお渡しできると思います。それでは、今日はこの辺で、失礼いたします。

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。