居眠り磐音

行って来ました、先週から公開になった松阪桃李主演の時代劇「居眠り磐音」。

 

見終わった後、予想以上、期待以上の出来で良かった!ですね。(=✧ω✧=)

 

前評判では、辛口のコメントもいくつか見ましたが、私は時代劇として充分楽しめました。

 

もともと時代劇が好きで、藤沢周平の「たそがれ清兵衛」、隠し剣孤影抄の「隠し剣鬼ノ爪」、「蝉しぐれ」などが好きです。

 

普段はさえない下級武士である主人公たちが、その剣の腕を隠し、謙虚に暮らしているのですが、ここぞという時に、弱きを助け、強きを挫くためにその本領を発揮する姿はたまらなくかっこよく、そのギャップに凄く惹きつけられます。

 

普通、時代劇の主人公って「侍たるもの」みたいに凄く尖ったイメージがあるのですが、この作品の主人公である磐音にはそれが全く無いんです。

 

穏やかな性格で、お金には疎いし、どうやって飯を食っていこうかという器用さもない、ダメな浪人なんだけど、その背景には信じがたい悲痛な過去を背負いながら生きている。

 

どこか哀愁があって悲しみを背負いながらも「生きる」ことを選らんだ磐音の姿が好きですね。普通に生きていくことが如何に大切であるか、この主人公は伝えてくれています。

 

そして、ひと度「誰かを守りたい」という極限状態となると、それまでどこか頼りないその姿が一変し、メチャメチャ強いんですよ。

 

。ヽ(=^・ω・^=)丿猫飯拳!

 

まるで時代劇版のスーパーマンのクラークケント(笑)

 

磐音の居眠り剣法。すきがあるようでない、でもないようでありそう・・・全然派手じゃないんです。殺気もないんです、でも剣と剣が交わると、その隠された秘剣が正体を現すのです。

 

 

その緊張感が、たまらないです!

 

「この男、切ないほどのに、強く、優しい」というキャッチコピーにその演技がぴったりだったのが松阪桃李。

 

凄く良かった。

 

映画「孤狼の血」での松阪桃李の真の演技力に終始圧倒されたが、今作ではふだんのおっとりした顔と剣豪の顔、ふたつを持ち合わせた主人公磐音を見事に演じきっていましたね。

 

演技の進化が止らない松阪桃李が好きになっちゃいました。

 

時代劇で考えられる娯楽的要素がふんだんに盛り込まれた「居眠り磐音」

 

私的には、星4つ!★★★★☆

 

続編を楽しみにしています。

 

(PS)最初から、最後まで私は涙腺崩壊。泣けるね!(=>ω<=)特に前半はやばかった!テンポの良さと展開も気持ち良くみることができた。個人的には、柄本明さん、中村梅雀さんの演技もセリフも好きでした!

 

 

解説

佐伯泰英の小説シリーズを、『娼年』などの松坂桃李の主演で映画化した時代劇。

普段は人情に厚く穏やかな主人公が、「居眠り剣法」でさっそうと悪を斬る。『超高速!参勤交代』シリーズな

どの本木克英が監督を務め、脚本をドラマ「ちかえもん」などの藤本有紀が手掛ける。

シネマトゥデイ

 

 

 

 

 

あらすじ

豊後関前藩の坂崎磐音(松坂桃李)と小林琴平、河井慎之輔は、幼なじみだった。

磐音が琴平の妹・奈緒との祝言を控えていたある日、事件が起こり、磐音は二人の幼なじみを失う。

奈緒を置いて関前を去り、江戸で浪人として生活することになった磐音は、昼はうなぎ割き、夜は両替商の用心棒として働き始める。

シネマトゥデイ      

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。