筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

おはようございます、二日に1日のペースで筋トレしている未来義塾の守田です。

 

最近は、テストステロンさんが書かれた「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」を読みながら、心にプロテインを注入して筋トレをしています。(笑)

 

 

 

塾の先生は、身体が本!

個人塾の先生達が一番気をつけないといけないことは、自分の身体を大切にすることです。理由は簡単!自分の代わりがいないからです。

 

もし、病気で倒れてしまったら、代わりに授業をする人も、教える人もいないのが現状です。その塾を信頼し、通塾してくれている生徒達にも、その父兄にも迷惑をかけることになります。

 

バランスのとれた栄養のある食事をとり、十分な休養をこころがけ、定期的に運動することが大切になるのですが、運動には緊急性がないから、なかなか実行ができないのが現状だったりします。

 

私もその内の1人でした。

 

運動は、仕事のパフォーマンスに対して非常に波及効果の大きいものです。運動しなければ、身体を疎かにしたということで、疲れやすく、病気に直面することになります。

 

塾の先生って、仕事が夜遅くになりがちで、運動をせず、高カロリーの食べ物好き、飲み物好きが多いですね。特にラーメン好きは、私を含めメチャクチャ多い・・・・(笑)

 

 

Testosterone氏の「筋トレ」哲学に共感

 

この筋トレ系自己啓発書に書かれている心を揺さぶられるテストステロンさんの「筋トレ」哲学に激しく共感しながら、二日に1日の割合で筋トレしています。

 

「どうやったら自信つきますか?」とか言う人は自信がその辺に転がってると思ってるのかね? “他の誰よりも努力した”という自負と”ここまで努力してダメなら仕方ない”という潔さが重なって揺るがぬ自信となる。自信満々に見える人達は怖くて仕方がないからこそ裏で人一倍努力してる。それか筋トレ。

 

1週間にすると合計3時間から6時間程度筋トレをしているのですが、これは1日おきに30分程度の筋トレに過ぎません。

 

でも、それが残りの162時間にどれだけ大きな影響を及ぼすかを考えると、たかが1日の30分筋トレが本当に大切なものだと感じています。

 

 

 

テストステロンさんのツイート名言もチェック!

 

 

 

 

 

定期的に運動を取り入れることで積極的になれたこの年!

筋トレをやり始めて、思うことは、やる気が出ない時、筋トレ(運動)は確実に効果があります。やる気がなかなか出てこないという時は、ぼっーと過ごすよりも、外を歩いたり、腕立てふせをしたり、不思議とだんだんとやる気になってきます。

 

この1年、全国の塾を見学させて頂いたり、セミナーに出掛け自分から学ぶことを積極的にするようにようになったのは、運動を生活の中に凄く取り入れるようになったからだと思います。

 

昨年から始めたウォーキングは、今でもカメラ片手に定期的に早朝歩いていますし、スポーツジムにも通い続けています。そして、フリーウェイトの筋トレで、だんだん疲れにくい身体ができつつあります。(嬉)

 

筋トレ(運動)をすることで、モチベーションをコントロールしやすくなりましたね!

 

さぁ、”マッチョ塾長が教える究極の入試解決法”なんてブログタイトルが書くことができるように、今日も筋トレしますかね!

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。