2019 愛知県公立高校一般入試に向けて、研秀社の「愛知県公立入試パターン集」をススメます!

おはようございます、未来義塾の守田です。蒲郡中の期末テストが終了し、各科目の答案用紙が返却されててきましたね。

 

蒲郡中の受験生達には、19日(水)の日に、1人1人と短い時間でしたが面談を行い、テスト反省とこれからの勉強についてアドバイスをしました。

 

そして、期末が終わった蒲郡中生達から本格的な受験勉強をスタートしていきます。

 

ここからは、研秀社の愛知県公立パターン集を使っていきます。パターン集というのは、愛知県の公立高校入試入試問題を教科ごとに分野・単元別に編集・整理した過去問題集のことです。

 

それも、約4年間分の問題が掲載されています。例えば、【理科】だと収録年度:平成26年度~平成30年度までの入試問題が掲載され、全部で下記のように14の単元別に整理されているのです。

 

1 小問集合
2 光に関する総合問題
3 力と運動に関する総合問題
4 電流と磁界に関する総合問題
5 物質の変化に関する総合問題
6 化学変化とイオンに関する総合問題
7 植物に関する総合問題
8 動物・ヒトに関する総合問題
9 生物の細胞と生殖に関する総合問題
10 自然と生物に関する総合問題
11 大地の変化に関する総合問題
12 天気とその変化に関する総合問題
13 地球と宇宙に関する総合問題
14 記述問題

 

未来義塾では、毎年この9月から本格的にこのパターン集を使います。しかし、いきなりこれだけ厚い過去問題集を渡されてもどうやって手を付けていったらいいのか分らない生徒もいます。

 

そこで、今年は実際にこのパターン集を使い志望校に合格した卒塾生に来てもらい、パターン集の使い方、そして9月以降の勉強の仕方について受験生達の前で話をしてもらいました。

 

 

卒塾生 壁谷さんにパターン集の使い方を説明してもらいました!

 

下記に話をしてもらった内容をまとめてみました!

 

・数学で問題文に図があるときは時間とスペースを使うが一度自分で図を書き、問題文から読み解けること、問題文を解く過程でわかったことを書き加えながら問題を解く

 

・ 暗記科目での苦手な分野は問題を解いて間違えたところなどを一問一答の形で自分で問題を作り空いた時間に復習

 

・ 暗記科目の選択問題では間違っている文のどこが違うのかを理解、またそこが何ならば正しい文章になるのかまで考えられるとなお良し

 

・ 数学や理科などで特に苦手な分野の問題はノートに問題をコピーし貼り付けてノート1ページ使用して解く

 

・ 英語の長文問題が苦手な人はノート見開き1ページを使って、ノート左ページにコピーした長文、右ページで問題を解く

 

※長文には文法の書き込みをし文法の整理、空いた隙間には分らなかった単語を書くと単語の暗記も出来る

 

・ 社会は教科書を繰り返し読むことも大事

 

・ 量をこなすことも大事だが一問に時間をかけじっくり解き一問から多くのことを吸収する必要がある

 

・ 苦手分野からやると良い

 

・ 自分の好きな科目から手を出しがちしがちになるため一週間など無理のない期間で計画を立ててパターン集を進める

 

 

これらの話を真剣に聞きながら、受験生達はメモを取っていましたね!続いて、時間の使い方、内申の上げ方、提出物についても壁谷さんが気をつけていたことを話してもらいました。

 

時間の使い方

・ 平日5時間土日10時間机に向かうと結果が変わる

・ パターン集を始めると平日の勉強はパターン集に集中しがちになるが必ずその日授業で行ったことの復習は行うべき

※受験のために今後苦手を増やさないようにすることが重要

・家に帰ってどれだけ早く机に向かえるかで勉強時間が変わる

・ 睡眠時間をしっかりと取ることはかなり重要

 

内申の上げ方

・ 授業中、先生の目を見ながら話を聞く

・授業中、わかることとわからないことを表情でアピール

 

提出物について

・ 回数をこなそうとすると1回目が雑になりがちだが1回目こそが自分の頑張りをアピールするチャンス!

※ 2回目、3回目とどれだけ回数をこなしても教師に頑張りはなかなか伝わらない

  一回目の質を上げることで頑張りが見える形となる

 

・ ノートは丁寧な字で書く(基本)

・ 数学など計算はできるだけ残しておいた方が良い

・ 全ての教科に共通して問題文にたくさん書き込みをすることも重要

 

ちなみに、壁谷さんが来月から本格的に、「みらい個別」の講師として生徒達を教える6番目の講師です。

 

さぁ受験生諸君、パターン集を下記のようにボロボロになるまでこの半年間、何度もくり返しながら問題を解くよ!頑張れ受験生!

 

 

ちなみにこちらのパターン集は、提携校の共栄塾さんからお借りしたものです。

 

ここまで、やり込んだパターン集は、私も見たことがありませんでした。我が塾の良い見本となると思いまして、お借りしてきました!

 

杉浦先生ありがとう御座います!生徒達もこのテキストを見て、目を丸くしていました。

 

それでは、今日はこの辺で失礼します!

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。