ドローンが未来義塾にやって来た! ーその2ー 空撮に挑む男達の挑戦!

 

 

二人のプロフェショナルを招集することにした!

前回の続きです。でも今日は、プロジェクトX”風に語りは封印させて頂き、普通にお伝えしますね。(笑)

 

未来義塾の紹介動画をドローンを使い、空から未来義塾を撮影したい。もちろん私ではできないので、二人のプロフェションルの方にお願いすることにしました。

 

”空撮の天成”の成瀬さんと住吉さんです。お二人は、ドローンを使って、今まで実現できなかったアングルからの撮影を可能にするスペシャリスト。

 

国土交通省の全国の無人航空機の飛行に係る許可・承認を申請し、今まで多くの自治体、企業、小中学校、大学、寺院・神社、建設業など各分野から依頼され、大きな実績を上げているプロ集団なんです。

 

そして、お二人は天成塾の先生でもあるんです!

 

 

ドローン1号機、2号機ファントム、インスパイア登場に興奮!

 

そして、お二人が撮影用にお持ちになったのが、まず1号機がドローンファントム!

4Kが撮影できるカメラを内蔵し自重が1200g。

航空可能限界高度がなんと6000m。

ガンダムに出てくるモビルアーマーみたいで、初めて見る思わず興奮してしまいました。

 

『ドローン片手に世界一周 空飛ぶ絶景400日』

 

ドローンを持って世界一周旅行に出た山口夫妻が撮影用に使っていた機体がこのファントムらしいです!

住吉先生が教えてくれました。(笑)

 

 

こちらが2号機がドローンインスパイア!

今日の撮影で使われたのがこちらの機体になります。

 

さぁ、いよいよこの機体が目の前の公園から飛び立ち、未来義塾を空撮します!

スミマセン、今日はここまでです。

今から、TDLに生徒と一緒に行く時間になりました。

安全第1で行ってきます。それでは、この辺で・・・行って来ます!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。