擦り込む!何度も、何度も!程よい危機感と受験生達と11月定期テスト

 

今年度から愛知県の高校入試制度が変更され公立・私立高校共に「12月末評定」が受験校に送られます。

 

そのため受験生は全員、12月に最終志望校を決めなければなりません。

 

そう、全員です。

 

公立志望の生徒は、昨年よりも1ヵ月早く最終志願校を決めることになったわけです。

 

塾の先生になって、30年以上経ちますが、長年愛知県の高校入試を見つめてきて・・・

 

この公立高校を志望する生徒にとって最終志望校を1ヵ月早く決めなければならないことって、

 

けっこう大きな変更だと思います。

 

なぜなら、昨年までの公立を志望する生徒達は、11月の定期テスト、そして冬休み明けの1月の学年末テストと

 

志望校決定までに内申を上げる2回のチャンスがあったわけで・・・

 

それから志望校に合格するための実力を養成する期間も冬休みという、長期の休みがありました。

 

この冬休みの勉強次第で、本当に実力が、偏差値がUPしてきた生徒を私は何人も見てきました。

 

最終志望校を決める内申点は、12月末評定。

 

定期テストのチャンスは1回減った状態で、

 

実力を養成する期間前に最終志望校を決めなければならない今年度。

 

こういう受験制度の変化をキチンと説明したうえで、

 

今年度の受験生達には、最終志望校を決定するための最後のチャンスが11月の定期テストなんだと、

 

何度も何度も伝えています。

 

彼らの緊張をほぐしつつも、擦り込んでいます。

 

受験生達に、程よい危機感を持たせたい。

 

軟膏剤やクリーム剤をなぜ?マッサージしながら擦り込むように塗るか知っていますか?

 

それは、じっくり擦り込むことで血行が良くなり、有効成分の吸収が高まるからです。

 

何度も、何度も伝えて、諭して、励まして、

 

彼らのやる気という血行を良くしてやりたい。

 

 

「俺たちのチャンスは、あと1回!」

 

「俺たちの可能性を拡げるチャンスは1ヵ月後」

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。