ありふれた毎日こそ幸せがある

 

先日、義理の父が亡くなり、葬儀の時に手を合わせながら思いました。

 

大切なことは、特別なことではなく

 

同じことをくり返しているありふれた毎日の中にあると・・・・・

 

そこに価値とか幸せをしっかり見いだすことが大切。

 

コロナ禍で、親友や身内が天に召されていく光景を何度か目にする度に、

 

今日という1日は、親友が生きたいと思った1日で・・・

 

今日という日は、家族が生きたいと思った1日。

 

そう、毎朝、目が覚めると思うようになりました。

 

 

 

決して、自分の思い通りにならない毎日だったり、

 

悩みがない日を探し出す方が難しかったり、

 

時にふてくさったり、

 

憤ったり、

 

八方塞がりにどん詰まり、

 

地味で泥臭い毎日の繰り返しだけど

 

だからこそ、言葉に出来ない感謝だったり、

 

信じたいものを信じ、

 

守りたいものを守りたい。

 

ありふれた毎日に幸せがあると私は思いたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。