夏休みの3分の1が過ぎたので「夏休み日帰り合宿」を実施したよ!

 

「個別指導」「小集団指導」の良さを取り入れ、

 

「努力と学力が君の笑顔未来を創るんだ!」が合言葉の未来義塾守田です。

 

おはようございます、夏休みも8月に入り、約3分の1が過ぎようとしますね。

 

 

 

MORITA先生
MORITA先生
昨日は、「夏休み日帰り合宿」と称してAM9:30~PM5:30までの勉強会を実施しました。実際は、中部中や蒲郡中1年生の出校日と重なり、午前の部に参加できる生徒は少なかったのですが、それでも午後からの4時間は、ほとんどの生徒が参加してくれて一生懸命夏休みの宿題を取り組んでいました。

 

 

その中で、一番感心したのは、小6のA君とBさんの二人。

 

午前の部3時間、午後の部4時間。

 

合計7時間。

 

 

 

 

途中で集中力を切らすことともなく、目の前の勉強に取り組むことができていました。

 

塾で7時間も勉強することは、小6の二人にとっては初めてのこと。

 

最初は、私自身も「大丈夫かな?」と気にかけていましたが、1時間、2時間と彼らの机に向かう真剣な姿勢を見ていて・・・

 

これなら大丈夫と感心しながら見守ることができました。

 

勉強会が終わった後に「よく頑張ったね」という声掛けと、「勉強会どうだった?」と尋ねると・・・

 

 

小6A君
小6A君
「夏休み日誌が全部終わったし、問題集の夏にチャレンジも全部やれたよ!なんだか、やるべきことをやれた!って感じで凄く嬉しい!」
今年の夏休みの宿題は、余裕でお盆前には宿題が終わりそう!なんか安心。これで夏休みの後半も楽しく過ごせそう!
小6Bさん
小6Bさん

 

こうやってやらなければならないことを、早め、早めに取り組むことで、充足感が満たされ、

 

7時間も勉強したという達成感が自信へと変わっていくのだと思います。

 

 

充実感も達成感も人が成長していくのに欠かせない経験です。

 

今回の日帰りが合宿も、生徒達の頑張りに触れることができ、何より彼らの成長を感じることができる勉強会にすることができました。

 

本当に実施することができて良かったです。

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。