ときめきを素直に受け止めて、行動!夢を追うことは、何歳でもできるよ!

 

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

今朝もノルディックウォーキングで1日をスタート。

 

寒さに閉じ込められた、暗闇を切り裂くように東の空から朝日が昇る姿を見ながら歩くのも悪くない。

 

吐く息はどこまでも白く、2本のポールが地面を叩く音が響く。

 

自然に腕を振る中でタイミングを合わせてポールを斜めに突いていくのだが、だんだん慣れてくるとテンポ良く、リズミカルに歩けるようになるのが心地いい。

 

気が付けば、空を見上げると澄んだ青空へと変貌している。

 

歩くことがこんなにも気持ちいいなんて・・・・

 

 

2021年を迎え

 

 

新年を迎え、新鮮な想いで新しい年をスタートできています。

 

昨年はコロナ禍にあり、不安や心配ばかりが先に立ち、思うように行動が出来ませんでした。

 

でも、思うんです、心配するひまがあるならまず行動に移してみることだと・・・

 

期待のあるところに奇跡は起こるのであって、素直にときめきを受け止めて、有言実行をしていく。

 

人は、空腹だから食事を取るのであって、それが生きていくための栄養となる。

 

それと同じように、心が潤され、満たされるようにハングリーになるべきなのだ。

 

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式での彼のスピーチを思い出す。

 

Stay hungry, stay foolish

 

成功を夢見て、何もないところから這い上がるからこそ、人って更にときめいて輝くことが出来るんだと思う。

 

物事を「不可能」で片づけるよりも、可能になると信じる楽観者でありたい。

 

 

 

を追うことは、何歳であろうとできる。

 

 

 

私は、56歳の塾の先生。

 

改めて、2021年を迎えて思うことは、10代だろうが、20代だろうが、40代だろうが、60代だろうが、何歳であろうが、夢を追うことはできる。

 

夢を追うことは、10代の特権でもなんでもない。

 

56歳のオジサンだって夢を追いかけることはできる。子供たちは、それを見ているんだと思う。

 

年齢を重ねると、偏屈になりがちだと今更反省している。

 

突っ張るよりも素直であれ。

 

マンネリに縛られている姿を子供達に見せても彼らは素敵だとは思ってくれないのだから。

 

ときめきに素直に受け止めて、まずは行動!

 

2021年、動きますよ!未来義塾!

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。