2020愛知県難関国立大合格者数ランキング6位~10位

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

今日のブログでは、難関10国立大学の合格者数が多い愛知県上位6位から10位までのランキングをお伝えしていきます。

 

 

もし、集計ミスで若干各高校の合格者数に誤差があるかもしれませんが、その点については参考程度ということでお許しいただければと思います。

 

難関10国立大学に関しましては、旧7帝大+東京工業大学、一橋大学、神戸大学の10校としました。

 

 

 

三河学区ベスト10 岡崎・刈谷・時習館

 

高校名 合計 東京大 京都大 北海道大 東北大 名古屋大 大阪大 九州大 東工大 一橋大 神戸大
刈谷 118 7 13 4 1 56 19 2 4 12
向陽 100 9 4 4 65 7 1 2 1 7
時習館 85 6 11 3 45 9 2 2 7
南山 78 4 11 5 1 43 6 4 4
10 72 6 17 10 1 25 8 1 4

 

 

TOPは、以前のブログでも伝えましたが、合格者数の合計174人の岡崎高校でした。

 

それに続き、ベスト10入りしている三河学区の高校は、6位に刈谷高校、8位に時習館高校の順となっています。

 

刈谷高校は、京都大が13名、大阪大が19名、神戸大が12名と関西地区の難関国立大学の合格者が多いのがわかります。

 

あと、私立高校の南山高校と滝高校の名前がベスト10入りしているところに注目すべきでしょう。

 

それから高大接続改革の動きと共に、推薦・AO入試の比重が増しています。

 

例えば、向陽高校では、名古屋大学合格者65名のうち、推薦・AO入試の合格者が6名。

 

つまり、1割近い生徒が推薦・AO入試で合格しています。

 

刈谷高校でも6名が推薦・AO入試合格。

 

そう考えると、難関国立大学でも多様な人材を得る方法として推薦・AO入試の導入が進んでいるのでしょう。

 

※2021年度入試より推薦入試が「学校推薦型選抜」、AO入試が「総合型選抜」と名称が変わります。

 

蒲郡の小さな学習塾ですが、その変化の波を的確にとらえ、少しでも皆様のお子さんの進学を考える材料をこれからもこのブログで発信できればと思います。

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。