過去自分に負けるな!

 

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます。今朝は、坂本九さんの「上を向いて歩こう」をYoutubeを見ながら歌っていた未来義塾の守田です。(笑)

 

 

さて、「過去最高順位を目指そう」という話を生徒たちに今日から話をしていこうと思っています。

 

なぜかというと・・・

 

定期テストや実力テストで成績を上げている生徒達の共通点は、次のテストで自分の過去最高順位の超えることを目標としていることです。

 

もちろん負けたくないライバルがいて、「そのライバルよりも良い順位を取りたい」という目標を持っている生徒も 成績を上げてたりしますが、長い目で見ると「過去最高順位」を目標としてる生徒の方が成績を上げています。

 

つまり成績を上げるためには「他人とではなく過去の自分と競争する」ことがポイントです。

 

 

他人とではなく過去の自分と競争する

 

実はこれテストが終わった後、結果出た時にライバルと競争した時よりも、非常にポジティブな自分の成長を実感することができるんです。

 

なぜならば今の自分は、

 

「3ヶ月前のテストの時よりもいい順位が取れた」

 

1年前の定期テストで取った過去最高順位を超えることができた」

 

と3か月前、1年前の過去の自分と比較し、現在の自分が明らかに成長していることが順位という数値で明確になるんです。

 

過去の自分と現在の自分を比較することで自己の成長が浮き彫りにされます。

 

「過去の最高の自分を超える」という実体験ができると、毎日が楽しくなり、人はもっと頑張ろうというモチベーションがさらに湧いてきます。

 

この時の自己肯定感は、これからのあらゆる取り組みや挑戦への大きな原動力となります。

 

 

過去の自分に負けるな!

 

逆に、過去の自分や今の自分と競争しなくなると絶対に成長しなくなりますよね。

 

例えば今の自分の順位が150人中100番だったとします。

 

そうすると「まだ自分の下に50人いるから、まぁいいか。」 と自分よりも下の人と自分を比べてささやかな安心感を得ようとするんですが、これでは「もっと頑張ろう」なんて気持ちにはなりません。

 

こうなると思考停止、行動停止となってしまい、その人の成長はストップしてしまいます。

 

坂本九さんの「上を向いて歩こう」という曲の歌詞で、「上を向いて歩こう。幸せは雲の上に、幸せは空の上に 」というフレーズがありますが、

 

「意識を下ではなく、絶えず上に意識を持っていく」

 

そういう心のクセを持つことができれば、その人は絶えず成長することができるようになると思います。

 

来週は、実力テスト。そして9月10日以降に期末テストが各中学校で始まります。

 

生徒達には、

 

「過去の自分に負けないで!」

 

「他人とではなく過去の自分と競争する」ことを目標にしていこうと呼びかけてまいります。

 

 

 

 

只今小学生無料体験生募集中!

 

現在、中3及び中1に関しては有難いことに満席となっております。そのため中3は、既に募集終了。中1に関しては、空き待ちの方もいらっしゃいます。

 

また、個別指導に関しても只今満席状態となり募集はしておりません。何卒ご容赦ください。

 

中2に関しては、若干数名空きがありますが、入塾に関しては、入塾試験があります。(集団指導のため中位程度の学力が基準となります。

 

そして、今回は、二学期に向けて小学校4年生~6年生まで体験生を募集しています。来年中学生になるための準備をしたいと思っている小学6年生。

 

新型コロナ感染拡大のため学習進度が大幅に遅れ、新学年の学習内容がよくわからないので塾で勉強を教えてほしい小4・小5生の皆さん。

 

是非、一度無料で授業を受けて頂き、「未来義塾ってどんな塾なの?」を体験してみてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。