もう15年、まだ15年、あと15年

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

6月2日、夕方に太田コーチが創立15周年のお祝いに花束を持ってきてくれました。

 

突然のお祝いに驚きつつ、コーチの温かい心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ありがとうございます。

 

本当に素敵な花々なので教室に飾ろうと思い、せっかくなので花瓶は、私の父が好きな明治の瀬戸染付焼に生けることにしました。

 

瀬戸の自然を写し描く瀬戸独自の染付技法が私も好きです。

 

いいものは、花であれ、焼き物であれ、そこにあるだけで、まわりの空気感を変えてくれる、豪華なものにしてくれる、ちょっとした特別感を出してくれるものです。

 

 

もう15年、まだ15年、あと15年

 

花束と一緒に、コーチからのメッセージカードが添えれていました。

 

そこには、「もう15年、まだ15年、あと15年」と綴られていました。

 

「もう15年」と「もう」という言葉を強調すると、前に進むことよりも現状に甘んじてしまう、ともすると想いが未来に向かなくなる感じがします。

 

しかし「まだ15年」と「まだ」という言葉に重きを置くと、これからの可能性を感じることができ、思考や想いが現在よりも未来に向くような気がします。

 

そして、さらに「あと15年」の「あと」は限られた時間を意識する言葉ではないかと思いました。

 

私は、現在55歳。

 

時間は無限ではなく、絶えず終わりを意識しながら生きていく年齢になってきました。

 

「もう」でもなく、「まだ」でもなく。

 

まさに「あと」の人生を如何に生きていくかを試されています。

 

この未来義塾を立ち上げて地域の皆様に愛され、支えられて15年が経ちましたが、これはまだ通過点でしかないと思っています。

 

過去の実績とは潔く手を切り、今いる生徒達を全力で指導できるように頑張りたいと思います。

 

15年と2日目を今日も歩みます。

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。