塾長料理 ふわとろ餡だく天津飯!

 

 

「個別指導」「小集団指導」そして、「オンライン授業」の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒の未来を共に築く未来義塾です。

 

おはようございます、守田です。

 

今日は、GW辺りから手料理を作るようになり、その中でも天津飯作りにはまりました!

 

そのきっかけというのが宮迫さんのYoutubeでメチャクチャ美味しそうな天津飯を作っているのを見て、自分でも作りたいと思ったからです。

 

【あんかけ超増量】家で簡単に作れる宮迫流の旨味たっぷり天津飯

 

 

作り方は、動画と全く同じ手順で調味料だけ若干違うものを使っています。

 

例えば、醤油だと宮迫さんは香味醤油を使っていますが、手元に香味醤油がなかったので、フンドーキンのあまくておいしい醤油を使いました。

 

 

使用した材料は宮迫さんの動画で記載されたものと同じです。

【ごはん】お茶碗1杯 【玉子】 卵 3個 ・牛乳 小さじ2 ・塩コショウ 適量 ・カニカマ 適量 ・タケノコ 適量 【あんかけ】 水 300ml ・お酒 100ml ・醤油 大さじ2 ・砂糖 小さじ1 ・創味シャンタン 大さじ1 ・水溶き片栗粉 適量 ・ごま油 

 

 

創味シャンタンは、素晴らしいノ一言!

 

高級油脂・玉ねぎ・ニンニク・スパイス類20数種を精選配合した、ペースト状中華スープの素なんですが、ラーメンスープはもとより、餃子・焼飯・八宝菜・カレーその他中華のあらゆる料理にあいますね!

 

 

今回、作る作業の中で一番大切だと思ったのは、ふわトロにつくるための焼ですね!

 

最初強火に油を熱し、中火にしてから卵をドバーっと一斉に入れたら、菜箸で円を描くように混ぜる。

 

でぇ、半熟になったらOK!動画で宮迫さんも言っていましたが、フライパンの「余熱をなめたらアカン!」のです。

 

ふわトロに作るのには、ほんと半熟になったら直ぐに火を消すことが肝心ですよね。

 

 

 

 

あと、天津飯の作り方と関係ないのですが、皆さん餃子の王将でも裏メニューで「あんだく」があるの知っていますか?

 

餃子の王将で、注文時に「餡多めで」とか「餡たっぷり」と頼むと追加料金なしで、餡がたっぷりかかってくるヤツです。

 

まさに、「卵が溺れる!」状態で料理が出てきます。(笑)

 

実は、中華ではとろみ料理が私好物なんです。

 

なので、今回自分で作るとなれば、とろみだくだくの天津飯を当然作りますよね!。

 

この餡を餃子とか唐揚げと絡めると凄く上手いんですよ!

 

今回、宮迫さんの天津飯自分で作っていてメチャ美味しかったんですが、この餡の味をもう少し王将さんの味に近づけたいと思っています。

 

ちなみに天津飯って、日本独特の中華風料理なんですよ。中国にはこれに相当する中華料理がないそうです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。