今は明日への充電期間だと。

 

「個別指導」と「小集団指導」の両方の良さを取り入れ、子供達のセルフエスティームを高め、やる気を引き出し、生徒を元気にする未来義塾の守田です。

 

私の住んでいる蒲郡は、今、暗いニュースばかり。正直、閉塞感が人と人の間に横たわっている感じがします。

 

だからこそ、この休校中は人と積極的に会うことをしました。

 

何でも無いお互いの日常のありふれた話を、笑いながら会話する時間は、今凄く大切なことだと思ったからです。

 

でも、こんな時は誰でもイイというわけでは無く、意図的に会う人は選びます。具体的には、前向きでポジティブな発言が多い人。

 

ポジティブな言葉を使う人と一緒にいると、自分も可能性に目が行くようになるからです。

 

先日も1年ぶりに会った友人のAさんもその一人です。

 

Aさんは、3人のお子さんを高校受験までうちの塾に預けてくれた保護者。今は、そのお子さん達も学校を卒業され社会人として頑張っているそうです。

 

保護者といっても今では、先生と父兄という関係を飛び越えて、仲の良い友人といった間柄。

 

そんなAさんとお互いの子供のことや、家族、仕事のこと、今勉強していることなどなど、笑いながら、たわいもないことを話しました。

 

次の日、彼からこんなメールをもらいました。

 

友人Aさん
 みんな同じことをいいます。今は明日への充電期間だと

誰も現場を見て傍観するのではなく、既に決まっていた山の頂上を少しうかいするだけ。

 

友人Aさん
 私利私欲にとらわれず、大げさに言って社会貢献と言う観点を自分の中に入れていこうと思います。

 

友人Aさん
 志高く、ともに走り抜けていこうではありませんか!

また会う日は、一回り大きくなって会いましょう。さあ出社します。ありがとう。

 

 

Now is the charging period for tomorrow

 

今、先行きが不透明でなんとなく心を暗くしていますが、その今は、明日飛び立つための充電期間と捉えることができたら。

 

現状だけ嘆いていて、何もしないような生き方は好きじゃないんですよね。

 

マイナスばかりにとらわれて生きるのと、マイナスをプラスと捉えてい生きるのでは、その先の明日の変わり方も違うんだと思うんです。

 

Aさんとは、職種も年齢も違いますが、同じ故郷で生きる者として、互いに刺激しあい、互いに充電する時間が過ごせたことに感謝です。

 

さて、未来義塾も来週3月16日(月)から教室を再開させて頂きます。

 

いま、メチャクチャ再開に向けて準備し、充電しています。

 

バイト達にも先日集まってもらい、3時間程度研修とミィーテングを実施しました。凄い良いミィーテングができました。

 

今後の未来義塾が大きく変わるであろう提案がいくつも彼らからされて、私自身が驚かされたことも多くありました。

 

その様子もこのブログで紹介しますね。

 

Aさん、また会いましょう。

 

メチャクチャ、たくさん報告できるように私も頑張ります!

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。