受験生を励ます言葉「ビリギャル(小林さやかさん)編」

 

こんにちは、蒲郡市にある、「個別指導」と「小集団指導」の両方の良さを取り入れたハイブリット指導法を実践している未来義塾の守田です。

 

この時期から不安を抱く受験生達を少しでも励ますことができればと思い、「受験生を励ます元気が出る一言」と題して、エールを送ろうと思います。

 

今日の受験生を励ます元気が出る一言!は、ビリギャルこと小林さやかさんの言葉を紹介します。

 

 

小林さやかさんの言葉(ビリギャル)

 

私はあの年の受験生の中で、1番努力したって言い切れるくらい勉強しました。

 

ひたすらやってそうしたらどんどん出来て、

小さな”出来る”がやる気につながって、

どんどんどんどんやる気が増して、

今思うと割と楽しんでやったんじゃないかと思います。

 

もし一番の願いが叶わなくて沈んでいるとしても

大きな目標にトライしたことは、将来必ず何かの力になるはずだ。

 

私もうちょっとだけマシな人間になれるように、苦しくても頑張ります。

 

人生には色んな困難が必ずあるし、

それをなんとかするには逃げずに立ち向かうしかないんだよね。

 

絶対に意地でも受かって、お母さんを喜ばせてあげたいっていう気持ちが強かった。

 

途中で辞めたいと思えるくらい辛かった時も辞めれなかったですね。

一日もムダにできないと思ってやってきた。

 

意思のある所に道は開ける。

 

人間にとって一番大事なのはこの、絶対無理を克服した体験だと思っています。

 

 

明日とは、明るい日と書きます。今日、明日に何を希望を持って頑張れるかで、明日の価値が決まります。

 

挑戦することは、不安がつきまといます。

 

だから、1歩前に踏み出す決心がなかなかつかず行動できないことが多々あります。

 

でも、人生に後悔はつきもの。

 

後悔しないよう生きることは不可能なんです。そのことが分かれば、どの選択をしても後悔をするのなら、今、自分がそうしたいほうを選択すればいいと思います。

 

志望校に向かって頑張れ受験生諸君!

 

THE BLUE HEARTS人にやさしく

 

気が狂いそう やさしい歌が好きで

ああ あなたにも聞かせたい

このまま僕は 汗をかいて生きよう

ああ いつまでもこのままさ

僕はいつでも 歌を歌う時は

マイクロフォンの中から

ガンバレって言っている

聞こえてほしい あなたにも

ガンバレ!

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。