お母さん達には、もっと元気になって欲しい!だから塾長、学びマス(2)

 

 

おはようございます、55歳、只今伸び盛りの未来義塾の守田です。(笑)

 

いろいろ午前中に学びの時間を作っていると、どんどん知りたい気持ちが増してくるというか、そして得た知識をどう?形にしていこうかとワクワクしながら考えています。

 

今週の金曜日には、Ben先生と新しく始める未来義塾の英語授業の初ミィーティングを行います。

 

お互いの意見を出し合って、英語に関しては、子供達に今までうちの塾ではやっていない新しいものを提供できればと思います。

 

さて、昨日のブログでは、塾生のお母さん達の子育てに関する相談に対して、今まで以上に応えられるように、子育てに関する教育本を読み返していることを伝えました。

 

まずは、私自身が学ぶことが大切だと感じたからです。

 

そして、今日はその続きです。

 

 

 

女性から親に!

 

 

女性は、結婚や子供の出産を機に生活様式が一変しますよね。

 

学校を卒業し、自身が自立するために社会の一員として会社の中で、働き、学び、自分の人生をより良くするために一生懸命生きる。

 

多分、ココまではそれほど男性の歩みとは違いはないと思うんです。

 

でも、結婚を機に、子供の誕生から女性は、突然お母さんになるわけです。

 

それってどれだけ女性の人生に大きな変化をもたらすことになるのか。

 

多分男性には、想像も及ばない世界で、男の人がお父さんにと呼ばれるのとは、訳が違います。

 

そして女性は、お母さんになるための研修を受けて母親になるわけではありませんよね。

 

全てが手探りの状態で子育てが始まっていくわけです。

 

そして、その子育てにゴールがあるわけでもないですよね。

 

考えてみると、どんだけ子育を頑張ったからといって、誰かに認められるわけでもないですし、褒められるわけでもないんです。

 

ある意味孤独で、大変な仕事。

 

 

もちろん子育てを仕事だと考えている人は少ないと思うんですが、でも、その大変な子育てを、少しでも塾講師という立場で何かサポート出来ないかと?この半年考えてきました。

 

自塾のお母さん達には、もっと元気になってもらいと思うんです。

 

今までは、面談で、親と同じ目線で話を聞き、お母さんたちが抱えてる問題をどのように解決したらいいかアドバイスしてきました。

 

それは、これからも続けていこうと考えていますが、また違う形で、自塾のお母さん達が元気になって貰える。子育てツールなり、アプローチができたらと考えています。

 

まだまだ、想いだけで、形にはなっていません。

 

でも、少なからずもうちの塾では、来年度お母さん達がもっと元気になって貰う何かを実施していきます。

 

いつも生徒の向こう側にいる保護者に対して、ダイレクトに情報や交流会などを提供できる機会を定期的に創造していこうと思います。

 

もしかすると、自塾だけではできないとかもしれないので、いろんな教育関係の方々に力を借りるかもしれません。

 

これを形にするのは、時間が掛りそうですが、少しずつ進捗状況をブログでお伝えできればと思います。

 

「お母さん達をもっと元気に!」2020プロジェクトスタートしていきます。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。