第11回「公立高校倍率図鑑」 小坂井高校編

 

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

今日のブログでは、小坂井高校の過去5年間の倍率推移をお伝えします。

 

お子様の進学資料としてお役立て下さい。

 

 

年度 2019 2018 2017 2016 2015
募集人数 280 280 320 238 272
第1志望者数 237 221 312 221 244
第2志望者数 427 478 441 475 468
合計 664 699 753 696 702
第1志望倍率 0.85 0.79 0.98 0.93 0.90
総合最終倍率 2.37 2.50 2.35 2.92 2.58

 

 

2018年と比較すると、第1志望倍率は若干上昇気味だが、第2志望の志願者数は、50名程度減少しています。

 

毎年第1志望倍率は、1.0を下回る数値ですが、小坂井高校を滑り止めとする第2志望とする組み合わせが、

 

国府高校(第1志望)ー 小坂井高校(第2志望)

豊丘高校(第1志望)ー 小坂井高校(第2志望)

豊橋南高校(第1志望)ー 小坂井高校(第2志望)

 

などがあるため総合最終倍率は、毎年2倍を超える数値になっています。2017年から2018年にかけて1クラス40名程定員を減らしているにもかかわらず、第1志望の倍率が極端に上昇することは無いようだ。

 

但し、ここから来年度更に40名定員を減らすので、第1志望の倍率の変動が予測されます。

 

もう一度令和2年度愛知県公立高校入試の定員減の高校を確認しておきましょう!

 

 

 

県内の定員減の高校は8学級、その内三河学区は下記の5学級

高校 クラス 減少人数 定員
小坂井高校 1クラス 40人減 280人⇒240人
豊丘高校 1クラス 40人減 240人⇒200人
刈谷北高校 1クラス 40人減 360人⇒320人
成章高校 1クラス 40人減 160人⇒120人
豊田北高校 1クラス 40人減 360人⇒320人
豊田南高校 1クラス 40人減 360人⇒320人

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。