第8回「公立高校倍率図鑑」 国府高校編

 

 

おはようございます、未来義塾の守田です。

 

今日のブログでは、国府高校の過去5年間の倍率推移をお伝えします。

 

お子様の進学資料としてお役立て下さい。

 

 

年度 2019 2018 2017 2016 2015
募集人数 280 240 280 238 238
第1志望者数 294 287 281 277 299
第2志望者数 259 275 242 147 164
合計 553 562 523 424 463
第1志望倍率 1.05 1.20 1.00 1.16 1.26
総合最終倍率 1.98 2.34 1.87 1.78 1.95

 

 

2018年と2019年を比較すると第1志望倍率も総合最終倍率も下降しています。理由は、1学級40名定員を増やしたからです。

 

定員に関しては、実際は増やしたというより、元に戻したという感じでしょう。

 

2019年は定員280人に対して、第1志望人数が294人。これだけ見れば、単純に14人程度の不合格者となりますが、実際は第2志願者数が多いことに注目しなければなりません。

 

2016年から2017年にかけて第2志願者数が100名程度増えていますよね。これは、入試制度変更により、受験校の組み合わせパターンが増えたことによる影響です。

 

2016年までは、豊川地区の生徒で、時習館を第1志望とする生徒が、第2志望として国府高校を選択していました。

 

しかし、現在では豊橋東高校を第1志望とする、豊川、豊橋、蒲郡地区の生徒が第2志望として国府高校を選択するようになってきました。

 

ですから、国府高校を第1志望する生徒は、倍率が低いからといって安易に考えず、時習館、豊橋東と東三河地区のNo1,No2の進学校を志望している生徒達も競争相手だ考えて受験に望んで下さい。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。