テスト直前の勉強会があるのだから、悔しい想いをぶつけるテスト後の勉強会があってもいいハズ!「リベンジ学習会 ー リ学」

 

昨日は、午後から前回のテストで悔しい想いをした生徒、次のテストで成績UP目標にしている生徒達が集まって「リ学」を実施しました。

 

「リ学」は、「リベンジ学習会」もしくは、リピート学習会」の名称を短縮した呼び名です。

 

 

彼らは、次のテスト範囲となる学校の5科目のテキストを持参し、授業で学習した単元までを黙々と解いていました。

 

次回の後期中間テストは、11月25日。

 

 

 

 

 

「先生悔しい!」

 

「ライバルに順位で負けた!」

 

「目標としていた順位が取れなかった!」

 

前回のテストが終わった後、そんな悔しい声をいくつか聞きました。

 

その時、思ったのです。

 

その悔しい気持ちに応えてあげる勉強会があってもいいと・・・

 

 

 

 

悔しいという想いは、自分が成長するサインです。

 

そして、その悔しさを情熱に変えれればその後の大きな成長するためのエネルギーになります。

 

だからこそ、悔しいと感じているその熱い瞬間を逃さずに、直ぐに行動に移すべきなんです。

 

1日1日と行動を先延ばしすると、徐々にその悔しさは薄れ、成長する機会を失ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

テスト直前に勉強会があるのは当たり前。

 

うち塾であれば、部活動がお休みになるテスト1週間前に8時間勉強会を土曜日、日曜日の両日に実施しています。

 

また、テスト当日は、希望者のみ無料で、「朝学」「夕学」なども実施しています。

 

でも、テスト前だけ慌ててテスト勉強しても間に合わないのなら、テスト5週間前から勉強に打ち込める環境と機会を彼らに提供できればそれが1番じゃないかと思うんです。

 

 

 

今回の「リベンジ学習会」の参加者が非常に多かったので、来週の11月26日(土)PM1:00からも実施することにしました。

 

悔しさを乗り越えた時に、次のステージが見えてくるものです。

 

「リ学」で君のリベンジを達成しよう!

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。