第11回「公立高校組み合わせ図鑑」 小坂井高校編

今日は、先日のブログで書きました豊丘高校に続き、小坂井高校の組み合わせについて紹介したいと思います。

 

小坂井高校のHPはこちらになります。↓

 

 

本入試情報

グループ:Bグループ

 

一般選抜における校内順位の決定方法:Ⅲ型 (評定得点)+(学力検査合計得点×1.5)Ⅲ

 

普通科 2019 2018
募集人数 280名 280名
推薦選抜志願者数 59名(42名合格) 49名(42名合格)
第1志望者数 237名 221名
第2志望者数 427名 478名
合計 237名+427名=664名 221名+478名=699名
最終倍率 2.37 2.50

 

 

2019年の小坂井の入試は、2018年と比べて第1志望者数は増えたものの、第2志望者数は50名程度減り、倍率的には2018年より低くなっていますね。

 

2017年 倍率2.35 ⇒ 2018年 倍率2.50 ⇒ 2019年 倍率2.37

 

 

 

小坂井高校の組み合わせ

 

それでは、小坂井高校の組み合わせについて紹介していきたいと思います。基本Bグールプの小坂井高校を第1志望としたときに、Aグループの高校の中から第2志望を選択しまします。

 

三河学区
Aグループ 衣台、豊田北、豊田南、加茂丘、足助、岡崎、岡崎西、岩津、刈谷、安城、西尾東、一色、知立、高浜、豊丘、豊橋南、福江、国府、御津、 新城東(本校) 、田口
Bグループ 小坂井

 

 

 

小坂井高校を第1志望した場合、第2志望との組み合わせて多いのが,御津高校(普通)が最も多く、その次に豊橋商業高校(専門)、新城東高校(普通)の順となります。

 

「主な組み合わせパターン」

 

小坂井高校(第1志望)ー 御津高校(第2志望)

小坂井高校(第1志望)ー 豊橋商業高校(第2志望)

小坂井高校(第1志望)ー 新城東高校(第2志望)

 

また、小坂井高校を第2志望とする場合は、国府高校を第1志望とし、小坂井高校を第2志望にするパターンです。他にも小坂井高校をスベり止めにするパターンがいくつかありますので下記に記載しておきます。参考にして下さい。

 

国府高校(第1志望)ー 小坂井高校(第2志望)

豊丘高校(第1志望)ー 小坂井高校(第2志望)

豊橋南高校(第1志望)ー 小坂井高校(第2志望)

 

今日は、小坂井高校の組み合わせについて皆さんのお届けしました。少しでも、皆さんの高校選択の役に立てればと思います。それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。