愛知県複合選抜 ”公立高校組み合わせ図鑑”をブログで更新していくよ!

 

 

公立高校の入試制度において、愛知県は全国47都道府県の中でも珍しい複合選抜を取り入れている唯一の県ですよね。

 

私の頃は、公立高校も1校しか受験することが出来ませんでしたが、確か平成元年の1989年から導入されていますから、もうかれこれ30年が経過しようとしていますね。

 

簡単に、その志望校の選び方をおさらいしておくと・・・

 

Aグループ・Bグループからそれぞれ1校ずつ2校まで受験できます。

 

但し、2校とも普通科の場合は,同じ学区,同じ群から選ばなければなりません。

 

(学校群については、尾張学区のみ選択制です。)

 

異なる日程のAグループ・Bグループからそれぞれ1校を選んで、第1志望、第2志望の高校を選択します。

 

もちろん、A,Bどちらか1校だけを受験することもできます。

 

二校受験できるということは、それだけ合格するチャンスに恵まれているということですが、毎年その組み合わせについて質問を受けることが多いですね。

 

特に、平成29年度の入試から愛知県の公立高校の入試は変更点があり、三河地区は、三河一群と三河二群に分かれていましたが、再編成により「三河群」に統一されました。

 

 

 

三河群に統一!だから組み合わせの選択肢が

 

 

三河学区
Aグループ 衣台、豊田北、豊田南、加茂丘、足助、

岡崎、岡崎西、岩津、刈谷、安城、西尾東、一色、知立、高浜、

豊丘、豊橋南、福江、国府、御津、 新城東(本校) 、田口

Bグループ 豊田西、豊田、豊野、松平、 三好、

岡崎北、幸田、碧南、 刈谷北、安城東、安城南、 西尾、吉良、知立東、

時習館、豊橋東、豊橋西、成章、 小坂井、蒲郡東

 

 

これにより

「岡崎」ー「時習館」

「刈谷」ー「刈谷北」

「岡崎」ー「岡崎北」

「岡崎」ー「西尾」

「刈谷北」ー「安城」

「刈谷北」ー「岡崎西」

「豊橋東」ー「国府」

「豊橋東」ー「豊丘」

 

などの組み合わせが受験可能になりました。

 

そして各高校の組み合わせの選択肢が増えた分、どことどことを組み合わせたらいいのか?保護者からの相談も増えましたね。

 

そこで、このブログで各高校の組み合わせ可能な選択肢をお伝えできたらどうか?と考えました。

 

ブログ記事のタイトルも”愛知県複合選抜 「公立高校組み合わせ図鑑」を作成するぞ!”

 

なんですが、1日1校で、1つの高校にスポットをあてて、その高校を第1志望とした場合、どこを第2志望にしたらよいか?を簡潔にブログ記事としてまとめていければと思います。

 

また、紹介する各高校については、三河学区限定の人気校限定作成できればと思います。

 

それでは、予告みたいな形になりましたが、今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。