高校進学説明会に参加した受験生たちの感想を紹介(2)

おはようございます、今日は蒲郡東高校、国府高校、小坂井高校など高1生にとっては、高校初めての定期テスト初日ですね。

 

高校生達は、昨日も朝から夕方まで自習室でテスト勉強をしていました。昨日の頑張りを、そしてしっかり勉強した実力が発揮できるように頑張って欲しいと思います。

 

 

さて本日のブログは、先日に引き続き、高校進学説明会に参加した受験生たちに書いてもらった感想を紹介したいと思います。

 

昨日、今日と紹介した感想を、学年に関係なく、中1、中2の塾生達にも、受験生たちの感じたこと、思ったことに触れてみて欲しいと思います。

 

さて、早速高校進学説明会に参加した受験生たちの感想を紹介していきます。

 

 

高校進学説明会の話を聞いて、私は正直とても焦りました。また、内申は、受験にとって特に大切だということを学びました。

 

だから学校の先生に勇気を持って「内申はどうやったら上がりますか?」と聞きました。先生は自分の意見をいう場面ではたくさん発言し、ノートを丁寧に書かば上がるよ!」とアドバイスしてくれました。

 

こうやって私が直接学校の先生に質問することができたのは高校進学説明会に参加したからこそだと思っています。

 

でも聞くことだけ聞いて、実行しなければ全く意味がないし、内申も上がらないと思います。だからこれからしっかり行動してきたいです。

 

また先生は「テストも大切だよ」と言っていたので、テスト勉強も今まで以上に頑張りたいです。

 

これからのテストは、高校入試に向けてだんだん難しくなると思うし、みんなが頑張るので、毎日私は最低2時間以上は勉強し、また自習室も大いに活用して、他の子よりももっと努力して結果を残していきたいです。

 

(中3Tさん)

正直、この説明会に参加した受験生達には、焦って欲しいと思っていましたし、何よりも危機感を抱いて欲しいと思っていました。

 

「受験は、まだ遠い先のもの」そんなイメージを吹き払い、どこか他人事のように思えた受験に、緊張感みたいなものが受験生の心に芽生えたと思います。

 

Tさん、早速学校の先生に勇気を持って質問できてよかった。君のいいところは、そういうところです!行動することが大切ですね!

 

 

 

説明会に参加して高校受験というのは全く甘くない。並大抵の努力では、自分が志望している高校には合格できない。そういう厳しさを感じました。

 

そういった意味で、説明会でとても良い刺激をもらいました。

 

僕は、まだまだ基礎ができていないので、基礎からもう1回やり直しをしたいです。

 

高校入試は、未来へつながる大切な分岐点なので、この1年後悔がないくらいまで努力をしたいです。

 

(中3M君)

 

説明会翌日から、毎日自習室に来ているM君!

 

言葉だけではない、説明会で感じたことをすぐに行動に移すことができる君の決意、ひしひしと先生感じていますよ!

 

意志あるところに道は開ける 

 

Where there’s a will, there’s a way.

 

どんなに困難な道でもそれをやり遂げる意志さえあれば必ず道は開けるという希望と勇気の湧く言葉です。思いを形にしていくことが受験勉強だと思います。頑張れ、M君!

 

 

次回のブログでは、そんな受験生たちの目標というか、毎日の授業や家庭学習でこれから意識していくことなどをブログで紹介できたらと思います。

 

目標って具体的であることが凄く大切だと思います。

 

具体的な目標は、「何をやるのかが具体的」ということです。よく、「がんばります!」「やります!」とあいまいな書き方をする生徒がいますが、これはダメですね。

 

次回紹介するのは、そんな受験生たちが掲げた具体的な目標です。中1、中2生諸君参考になるので是非チェックしてください。

 

さていよいよ、中間テストですね!

 

令和最初の定期テスト、満足いく結果が出せますように頑張ろう!

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。