後期中間テストで結果を出す「攻めの繰り返し」勉強法!

 

おはようございます、未来義塾の守田です。後期中間テストまでの残り5週間になりました。

 

塾生諸君、明日からの通常授業で学校のテキストを持って来て下さい。そろそろテスト勉強を始めための具体的な指示を出していきます。

 

今日は、後期中間テストに向けての勉強の仕方についてブログで綴ってみたいと思います。

 

勉強の仕方といっても何も特別なことじゃなく、いつも授業で話していることです。

 

 

学校テキストを徹底的にやり直した人が、成績を上げている!

テストで結果を出している生徒、毎回順位を上げている生徒には、大きな共通点があります。

 

その共通点とは、「頭がいい」とうことではなく、特別な勉強法をしているわけでもありません。私が過去30年間近く教え続けて、言えることは、彼らは、必ずテスト範囲を3回以上繰り返して解くということです。

 

つまり、同じ問題を繰り返して解くということが成績を上げる最大のコツだということなのです。

 

卒塾生で、学年順位が1ケタを取っていた先輩達は、同じ問題を4~5回解くのが当たり前でした。さすがに、やることが半端ではありません。

 

しかし、このことからも手を広げず同じ問題を繰り返し解くことが重要だと分かるはずです。

 

テキスト1回目は、仕分け

テキストを解く1回目は、自分の理解している問題と理解していない問題を仕分けるために行います。自分ができない問題はどれか?わからない問題はどれか?

 

それをはっきり認識するために行うのであって、1回目は、テストで良い結果を出すための準備にしかすぎません。仕分けをしたからといって、できなかった問題ができるようになるわけではないからです。

 

 

本当の勉強は2回目から。

できなかった問題をできるようにするのが2回目であり、さらにそれを深く理解するのが3回目です。だから、テスト勉強で大切なのは、2回目以降となります。

 

例を上げて話すと、数学のテスト範囲を見てみると、

①わかる数学・数学の友(テキスト)

②マイペース(テキスト)

③スピード80(計算プリント)

④配布プリントや補助教材などです。

 

①~④の中でまず最初に解くのは、「わかる数学」・「数学の友」です。特に日頃宿題になっていなくても、学校の授業で学習した単元は、自分で解いていきましょう。

 

直接、テキストに解くのいいのですが、ノートに一度解いておいて、テスト前に直接テキストを解いておくとよい復習になります。

 

その時に、間違えた問題や分らなかった問題は、必ず問題番号に印や付箋などを付けておいて、2回目、3回目のやり直しの時に、どの問題をやり直しすべきなのかスグに分るようにしておくことですね。

 

 

「解ける!」「わかる!」と実感できる3回目!

定期テストで順位を大幅に上げている生徒達に、「テキストは、何回やり直しをしますか?」と聞くと、必ず「3回以上!」と答えます。

 

「なぜ、3回以上やるの?」と質問すると、全員「だって、3回以上やらないと覚えることができない!」と口を揃えて答えます。

 

つまり、テストで結果を出している生徒ほど、繰り返し解かないと覚えることが出来ないと分っているのです。

 

但し、「3回やればいいんだ!」とばかりに、これまた作業にしてしまう生徒がいます。作業にしてしまうと、数学など答えのみを覚えてハイ終了なんて生徒もいます。

 

当然、答えだけ覚えてもテスト本番で解くことはできませんよね。やり方そのもを根本的に理解しているわけではないからです。

 

そういった意味で、やり直しの2回目、3回目は、答えを見ながら解いてはいけません。問題文だけを見て、自分の力で解くことが大切です。

 

その時、自分で解けそうもなかったら、まずは、解答・解説を読みマーカーなどで線を引きましょう。必要があると思えば、ノートに解説。解答を自分の言葉に直して書いてみましょう。

 

充分理解出来たら、もう一度ノートに解説・解答を隠して、もう一度解いてみる。それでも解けない問題は、必ず先生に質問して教えてもらいましょう。

 

質問した問題も、問題番号に印を付け、付箋を付けておくとよいと思います。後から、もう一度やり直しをする時に、役立ちます。

 

今日は、テスト前の勉強方法をお伝えしました。是非、役立ちそうなら参考にしてみて下さい。

 

テストまで5週間前です。前回のテストの反省を思いだし、目標を持ち、計画を立てて後期中間テスト向けてそろそろ動き出していこう、生徒諸君!

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

(PS)私が好きなさだまさしさん。まほろばを聞くとなんだか、泣けてきます。さださんの奈良ソング、日本人として圧倒され鳥肌ものです!まさに唯一無二のまっさんロック!我想いは,奈良にあり!

 


 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。