「今日もPM10:30まで残ってやっていきます。」行動しなければ理想の未来には1mmも近づけれない!

 

「先生、今日もPM10:30まで残って勉強します。」中3A君は、この半年間テスト前や自分で何か目標を決めて取り組むとき、授業後そのまま10:30まで教室で1人残って勉強をしています。

 

昨夜もPM7:30頃に自習室に来て、他の生徒が帰るPM10:00を過ぎてもそのまま残り、5月1日の実力テストに向けてマイペースを黙々と解いていました。

 

A君は、自分自身を良くするために、自身の夢を実現するのために、一歩を踏み込む行動力があります。

 

大切なのは、自分から行動することだと思います。人から言われて行動してもその時点で、その行動は”やらされている”ものであり、もうそれは、行動とは呼べるものではありません。

 

言われてからやっていたのでは、その時点で、マイナス!自分の望んでいることを得ようとするなら、言われたことであれば、それ以上のことをして、初めて人から認められるし、言われる前に自分から行動しているから結果が伴ってきます。

 

 

 

行動しなければ理想の未来には1mmも近づけれない!

先日読んだ、本田健さんの「大富豪からの手紙」の中で書かれていたのが・・・

 

「大富豪からの手紙」から引用

 

いくら「決断」しても、「行動すること」なしにはその未来は近づいてこない1ミリも。「決めること」でその未来が生まれて、「行動すること」でその未来がキミの方に近づいてくるんだよ。

行動には、

【1】「将来、不都合があるからイヤイヤやる行動」(マイナスの行動エネルギー)
【2】「今、楽しいからやるワクワクする行動」(プラスの行動エネルギー)

の2種類がある。

 

 

成績を上げたい、高校に本気で合格したいと思っているのなら、人に言われなきゃ自分の勉強がスタートできんのは、もうその時点であきらめた方がいいと思います。

 

「自分から積極的に行動する」という動作は、別に勉強だけに限られた事じゃありません。スポーツの世界でも、君達が大人になり仕事をするようになってからも、友情を育むときでも、愛する人と結婚し家庭を持った時でも、同じだと思います。

 

受験生達には、受験を通して、これからの人生で役立つ、自分から行動することの大切さを学んで欲しいと思っています。

 

自分から行動した事は、失敗しても成功しても全て自分のために役立つものです。でも、言われてやった行動は、ただの作業で終わってしまいます。

 

自分から行動することは、まさに本田健さんが語っている「プラスの行動エネルギー」を産み出します。プラスの行動エネルギーは、ワクワク感を更に産み出し、習慣となり、結果的に理想の未来へと近づくことになります。

 

私は、A君が毎回1人で当たり前のようのPM10:30まで残って勉強している姿を見て、まさに彼を突き動かすしているのは、プラスの行動エネルギーに他ならないと思いました。

 

 

最後に思想家ルソーの言葉を紹介して今日のブログを終えたいと思います。

 

「生きること、それは呼吸することではない。活動することだ」

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。押忍!

 

 

The following two tabs change content below.
守田 智司

守田 智司

愛知県蒲郡市にあるハイブリット学習塾/未来義塾の塾長。10代で愛知県から大阪、東京まで自転車で走破!大学中は、バックパック1つで、アメリカ1周。卒業後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。帰国後15年間、大手進学塾の教室長・ブロック長として教壇に立ち、2005年独立。 大型自動二輪、小型船舶2級免許所得。釣り、ウォーキングが好き!作家は、重松清さん、音楽は、さだまさしさんが好き。「質より量より更新頻度」毎日ブログを更新しています。