未来という言葉には、夢が伴っている。The future has a dream.

「現在」は「過去」の結果であり、「未来」は「現在」の結果だということを子供たちに伝えて行きたい。まだ見ぬ未来を創造するために、自分だけの「夢」を実現するために「今を、今日を一生懸命生きる」ことの大切さを未来を担う子供たちに伝えていきたい。

 

夢があるから人間は「成長」できる。

 

先人も「空を飛びたい」と「夢」を描き、実現に向けて思いを込め、力を尽くして歩みだした時、失敗や敗北を繰り返しながらも「夢」を実現していった。人類は、こうやって進歩していった。しかし、時として「夢」は困難によって破れ、「願い」が届かぬ現実に直面します。

 

だから、人は苦労や困難を避けたり、失敗や敗北を恐れ、低きに流され「自分の夢」を諦め、「自分の未来」は変わらぬと思い込んでしまいます。では、逆に成功と勝利だけの人生なんてあるのでしょうか?「否」。人生において、人によりその大きさの違いはあるにしても、困難や失敗はあります。

 

「あの困難があったからこそ、今の成長があり人の優しさを理解できたと」

「あの失敗があったからこそ、人への感謝する気持ちをしることができたと」

 

それでも私には夢がある。 I have  a  dream.

好きな人物に、マーティン・ルーサー・キング牧師がいます。彼の言葉に「 われわれは今日も明日も困難に直面しているが、それでも私には夢がある。」

 

失敗したからこそ得られるものはあるし、むしろ失敗した過去の思い出が、新たな未来を創造するのだと思います。蒲郡市の小さな「塾」ですが、子どもたちのために、共に未来という「真っ白なキャンパス」に、自分だけの「夢」を描かせたい。

 

未来義塾は、高校進学実績NO.1の塾ではありませんが、地域にこだわり、一人一人の子供たちを大切に指導する、オンリーワンの塾を目指していきます。そして、子供たちが豊かな知識と教養を身に付け、自分の未来を見据え、「夢」を描きながらそのために努力を惜しまない教育を展開し、また、学ぶことの意義とすばらしさを伝えていきます。

 

未来義塾  代表守田智司

自己紹介
昭和39年生まれのB型。18歳で愛知県から大阪まで自転車で走破!19歳で東京まで往復自転車で走破!大学中は、バックバック1つで、アメリカ1周放浪旅行!!大学卒業後、エンジニアとして社会人を経験後、アメリカ・アトランタにて「大工」を経験。

 

帰国後15年間、大手進学塾時代に数々の教室長、蒲郡・岡﨑地区のブロック長を歴任後、2005年独立。指導してきた生徒延べ3,000人以上、指導時間30,000時間以上、塾講師歴28年のベテラン講師。

 

大型自動二輪免許取得。小型船舶操縦免許2級所得。ルアーフィッシングが好き。歩くことが大好き!今年の夏、100kmウォーキングに挑戦し、蒲郡から岐阜県笠松町まで歩きました!(もちろん1日で歩いたわけではありません。)(笑)作家は、重松清さんが好き。音楽は、さだまさしさん、イーグルスが好き。そして猫が好き。

 

 

メディア掲載

週刊女性自身より取材を受け、2017年6月27日号掲載されました。